HOME > 大学情報 > 医学部生の時間割大公開! > 2019年度 愛媛大学 5年生の時間割

医学部生の時間割大公開! 2019年度 愛媛大学
5年生の時間割

北野 友里絵 さん
愛媛大学
大阪府 四天王寺高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍 高校グリーンコース

愛媛大学では5年生の5月から病院の各診療科を回る病院実習(通称ポリクリ)が始まります(大学によって開始時期や回る診療科は異なります)。愛媛大学では、ポリクリが始まってからは大学での講義はないため、大学で授業を受けるのは4月のみです。

5年生はポリクリがメインとなるため、今回はポリクリについてお話ししたいと思います。

愛媛大学のポリクリの概要

愛媛大学では、基本的に5または6名1班で同じメンバーのまま、3月頭まで各診療科を2週間ずつ回っていきます(皮膚科、耳鼻科、地域医療は3名ずつに分かれて回りました)。ほとんどの科で担当患者さんを当てていただき、患者さんの検査や処置、手術などを見学し、患者さんとお話しをして経過を伺ったり、診察を行います。

実際に患者さんを診察させていただくことで、教科書や授業では学ぶことのできない事をたくさん学ぶことができ、文字だけではなかなか定着しにくい知識を経験として蓄えていく事ができます。

また、病院実習といっても実習だけでなく、講義を受ける時間もあります。その科の先生がパワーポイントを使って20〜30分程度の講義をしてくださることが多いです。大学で受けていた講義とは異なり、国家試験対策的な内容が多かったです。

例えば画像診断講義では、まず画像が出されて何の疾患が考えられるかを順に答えていき、その画像に対する国家試験問題を答えていったり、心電図などの読み方のレクチャーと国家試験問題というような参加型の講義となっています。

講義の後に患者さんのもとに行き、講義で説明された特徴と一致するかなども目で見て確認させてもらえます。黄疸があるとか、血管の怒張があるなど、特徴的な所見を目で見て覚えられる点が座学の講義とは異なると思いました。

救急医学実習

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 ◆8:15
カンファレンス

◆9:00
病棟処置・診察
◆8:15
カンファレンス

◆9:00
病棟処置・診察
◆8:15
カンファレンス

◆9:00
病棟処置・診察
◆前日夕方~8:30
消防署実習
◆8:15
カンファレンス

◆9:00
病棟処置・診察
午後 ◆13:00
ICU回診

◆16:30
カンファレンス
◆13:00
ICU回診

◆16:30
カンファレンス
◆13:00
消防署実習(消防本部見学)

◆16:00
消防署実習(分署にて翌朝まで実習)
◆13:00
ICU回診

◆16:30
カンファレンス
◆13:00
ICU回診

◆16:30
カンファレンス

実習紹介/救急医学

救急医学では、大学での3次救急と集中治療を主に見学します。入院中の患者さん1人を担当し、診察や処置、検査所見や各種スコア、治療経過などの記録を行なっていきます。集中治療では画像所見や血液検査所見が日々変化していくため、患者さんの状況に合わせて治療を変更していく必要があり、幅広い知識が必要だと感じました。

水曜日には昼から消防署を訪れ、まず本署で司令室を見学し、救急や火災の要請が来てからどのように対応されているかを見学しました。その後、班員1人1箇所ずつ消防署に分かれ、当直で救急車同乗実習を行ないました。

救急車の中でどのような事が行われているかを習う機会は大学ではなかなかない為、とても勉強になりました。将来、救急車対応を行うにあたって、どの様に搬送されてくるのかを知る事ができる貴重な機会でした。

救急車内ではバイタル測定などをお手伝いし、病院到着後は先生がどの様な検査や治療を選択するのかを少し見学することもできました。

医療は多職種の連携によって成り立っているので、医師以外の職種の事を知ることもとても大切なことであると思います。

産婦人科実習

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 ◆7:50
オリエンテーション・抄読会

◆8:30
外来実習・手術見学
◆7:50
カンファレンス

◆8:30
外来実習

◆11:00
腹腔鏡下縫合実習
◆7:50
カンファレンス

◆8:30
外来実習

◆10:00
超音波実習
◆7:50
カンファレンス

◆8:30
外来実習・手術見学
◆7:50
カンファレンス

◆8:30
手術見学
午後 ◆13:00
手術見学

◆16:00
婦人科画像レクチャー
◆13:00
産科講義

◆16:00
産科画像レクチャー

◆17:00
婦人科講義
◆13:00
回診・カンファレンス

◆15:00
臨床診断講義

◆18:00
病理カンファレンス
◆13:00
手術見学

◆14:30
画像診断レクチャー

◆16:00
臨床診断講義2
◆13:00
症例発表

地域医療実習

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 ◆8:00
オリエンテーション

◆9:00
訪問看護
◆6:30
回診

◆8:30
外来実習
◆6:30
回診

◆8:30
エコー・内視鏡実習
◆6:30
回診

◆8:30
介護実習
◆6:30
回診

◆8:30
病棟実習
午後 ◆12:30
外傷講義

◆13:00
保育所健診

◆15:00
特別養護介護老人施設健診
◆12:30
褥瘡回診

◆13:00
訪問診療

◆15:00
巡回診療車での診療
◆12:30
画像カンファレンス

◆13:00
健康教室での講話

◆13:30
内科外来実習

◆15:30
介護施設健診
◆12:30
訪問診療カンファレンス

◆13:00
臨床検査実習

◆15:00
X線・理学療法見学
◆12:30
病棟カンファレンス

実習紹介/地域医療

愛媛大学の地域医療の実習では、県内の人口が少ない地域の地域包括ケアを行なっている病院に2週間泊まって実習を行います。地域医療実習と言っても、大学によっては電車で行ける範囲の病院に行ったり、地方大学で島や僻地に連携病院がある場合はそこに行くなど、大学によってかなり内容が異なります。

実習に行った病院は常勤医師が3名で、1日の間に外来診療を行いながら、救急車が来たらその対応を行い、訪問診療や介護施設・学校での健診業務も行われていました。職員が少ない為、多職種での連携がしっかりされているのが印象的でした。

実習では皮下注射や採血、エコーなども実際に患者さんに行いました。大学では学生が行わない事が多い為、貴重な機会でした。また、外来実習では患者さんの診察、カルテ作成、処方を学生主体で行いました。カルテを記入しながら患者さんのお話を聞くのは思っていたよりも難しく、処方も残薬の確認や重複がないかの確認も必要です。見学しているだけでは見落としがちな、気にしなければならないポイントがたくさんありました。

病棟実習では看護師さんの病棟業務の実習を行ないました。おむつ交換や清拭、ガーゼ交換や洗浄の処置などを行いました。看護師さんの業務は非常に多岐に渡っており、それによって医師もスムーズに業務が行えている事を改めて感じる事ができました。

愛媛県では過疎化が進む地域が多く、診療所の運営が難しくなり、巡回診療車が導入されています。マイクロバスを改装し、内部は外来診察室になっています。血液検査やエコーも装備されており、病院の診察室と変わらない造りになっています。

高齢者が多いため遠くまでの通院が難しい方が多く、巡回診療を行う事で、色んな地域で定期的に診療を行う事ができています。高齢化が進む中で、これからどの様な医療が必要になっていくのかを知る事ができた実習でした。

循環器・呼吸器・腎臓内科実習

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 ◆9:00
オリエンテーション

◆9:30
抄読会

◆11:00
総カンファレンス・回診
◆10:00
慢性腎不全の診療
◆9:00
エコー・心電図実習

◆11:00
COPD講義
◆9:00
心臓カテーテル見学・冠動脈造影判読
◆9:00
心電図実習

◆10:00
身体所見講義
午後 ◆15:30
聴診シュミレーター実習
◆14:00
肺癌講義

◆16:00
胸部X線・CT講義
◆13:30
気管支鏡見学・実習

◆16:00
呼吸器内科回診
◆13:30
虚血性心疾患講義

◆16:00
心エコー講義
◆14:00
腎・高血圧カンファレンス・回診

◆16:00
循環器内科回診
HOME > 大学情報 > 医学部生の時間割大公開! > 2019年度 愛媛大学 5年生の時間割
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.