HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい国語・地歴公民 国語・地理の得点を安定させる対策

医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 高1・2生で身につけたい国語・地歴公民
国語・地理の得点を安定させる対策

T. Y  さん
熊本大学
福岡県 出身
2019年度 河合塾 福岡校 在籍 大学受験科

国語

高3になると理科と数学に割く時間がどうしても増えてしまうので、国語は高校1・2年生の段階から仕上げておくとよいと思います。

現代文

個人的に現代文は高校1・2年生で仕上げておくとよいと思います。そのために私がお勧めしたいことは次の2つです。

1つ目は、学校で配られた、もしくは塾で薦められた漢字帳を一冊仕上げておくことです。私の言う「仕上げる」とは、漢字の読み書きを完全にすることだけではなく、漢字(熟語)の意味も覚えることです。文章を読むうえで、わからない語句が少なければ少ないほど文章が滞りなく読めますし、意味の取り違えをしてしまうこともなくなり、安定して点数を取れるようになります。

2つ目は、時間をかけて文章を読むことです。本番の試験では時間制限があり、早く、正確に読むことが求められます。しかし、高校1・2年生は正確に読む力が十分ではない状態の方が多いと思いますので、時間に追われながら早く解いてしまうと、点数は取れても、読解力の向上が行えず、高校3年生に上がって扱う文章のレベルが上がったときに苦労します。

高校1・2年生の段階から、文章と向き合い、文章構成を把握する力を身につけておくことが重要です。過去問を解く場合にも、時間は一切気にせずに、まずは現段階の自分の読解力を十分に発揮すれば目標点に届くのかどうかを確認すべきだと思います。

古文

古文は高校1・2年生で古典文法を完璧に、そして古文単語帳の重要単語・慣用句とその意味を8割くらい覚えておけばよいと思います。

古典文法を覚えることは面倒に感じるかもしれませんが、古典文法は古文の勉強をするうえで土台になりますので、高校1・2年生のうちに仕上げておく必要があると思います。遅くとも、高校3年生の1学期の途中までには仕上げておかないと、古文で安定した点数を取るのは難しくなるように感じます。

古文単語はその単語の本来の意味・成り立ちを理解できるものを利用するのがよいです。単語の意味を丸暗記するような勉強では通用しない問題がたまに出題されていますので、そういった問題にも落ち着いて対処できるようにしておくことが、古文で安定して得点を取るために必要です。

漢文

漢文は、高校1・2年生のうちから、文法・重要語句を暗記しておくとよいと思います。

漢文は漢字で構成されていて、漢字の意味は推測できることが多いために、なかなか自学の時間に漢文をやろうとは思わないかもしれませんが、そこで文法や重要語句を暗記しているかどうかが、後々の差を生みます。

医学部受験においては、国語でも高得点を取ることが求められます。高校1・2年生の今の段階からしっかり勉強しておくとよいと思います。

地歴公民

私は地理を選択していました。

私が高校1・2年生のとき、地理の勉強といえば地名の暗記や、○○の生産、輸出、輸入国上位数カ国を暗記することでした。皆さんの中にはこのような勉強を地理の勉強だと思っている方もいるかもしれませんが、これは地理の勉強をしていることにはなりません。地理は理論を勉強する必要があります。そうすることによって初めて問題の意図が見えてきて、安定して得点を取れるようになりました。

ここでの理論とは、その場所特有の現象などが生じる理由を把握することを指しています。たとえば、「オーストラリアの西側では鉄が採れる」ということをただ丸暗記するのではなく、「◯◯という理由で、ここでは鉄が採れる」というように因果関係等をセットで覚えることです。

もし、暗記に偏った勉強をしているのならば、塾で地理の講座を取ることを強くお勧めします。部活との兼ね合いなどで、塾に通うことが難しいのであれば、市販の参考書で地理の理論を教えてくれる本を一冊購入して、それを読み込んでおくとよいと思います。

もしかしたら、周りに「地理は試験直前の追い込みで何とかなる」と言われる方もいるかもしれませんが、それで対応できるのは地理の理論がしっかり身についている人か、地理であまり得点を必要としない人だけだと思います。暗記だけでもある程度までは対応できますが、医学部合格のために目標とする点数に届くのは難しいと思います。

高校1・2年生の段階で過去問演習はあまりしないかと思いますが、過去問に取り組むときには、年度ごとに解くのではなく、習った分野ごとに解いていくとよいです。そうしたほうが、自分の知識の抜け漏れに気づきやすくなり、その分野を効率よく学習することができます。

あわせて読みたいコンテンツ

高1・2生へのアドバイス

  • 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと

医学部入試の基礎知識

HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい国語・地歴公民 国語・地理の得点を安定させる対策
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.