HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい理科 早めの対策で化学を得意科目に

医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 高1・2生で身につけたい理科
早めの対策で化学を得意科目に

A. H さん
東北大学
東京都出身
2020年度 河合塾 麹町校 在籍 高校グリーンコース

医学部受験では理科2科目が重要

中高一貫校に通っていたので、2科目とも高2までにほとんど全範囲が終了するカリキュラムでした。私は、自分が興味のあった化学と生物を選択しました。

化学に関しては、河合塾の講座をペースメーカーにして勉強し、高2までに理論化学を完璧にすることを目標にして勉強していました。
生物に関しては、高校の定期テストをペースメーカーに自分で教科書を用いて勉強していました。

どの科目でも言えることなのですが、高1・高2では今までに習ったことをきちんと身につける勉強をするとよいと思います。また、医学部受験では理科2科目とも重要になってくるので、苦手科目にしないようにするためにも、なるべく早く対策を始めることも重要です。塾の講座を活用するなどして、早期から理科の勉強を始めましょう。

化学

早いうちから理科の対策をしたいと思い、高2から河合塾の『ONE WEX化学』を受講しました。講師の方が受験に必要な基礎知識を体系的に教えてくださり、化学を一番の得意科目にすることができました。知識だけでなく、効率のよい解き方や別解などもたくさん紹介してくださったので、実践的な力も身につきました。普段は河合塾の授業の予習・復習を主にやっていて、まとまった時間がとれる週末に1日4時間程度勉強していました。

復習では授業で習った基礎知識をノートにまとめ、その後テキストの例題をすべて解き間違えなくなるまで繰り返すという勉強をしていました。高2からつくったこのまとめノートは受験期を通してずっと役に立ちました。テキストを繰り返し復習したことで、典型問題の解法をきちんと身につけることができたと思います。

高1・2のうちに理論化学を完璧にできればよいペースなのではないかなと思います。理論化学の中でも、中和・化学平衡、酸化還元、気体、熱化学などの入試で頻出の分野についてきちんと理解して典型的な問題が解けるようになっているとよいと思います。

生物

高1・2のときも受験期もずっと教科書を使って勉強していました。基本的に定期テストのための勉強しかしていなかったので、テスト期間の1~2週間前から1日2時間程度勉強していました。

まずは教科書で太字になっているような基礎事項を覚え、その後に教科書の文章をきちんと読んで内容を理解するというように勉強していました。適宜、自分でわかりやすくするためにメモをとってみたりしてもよいと思います。時間があるならノートをつくってもよいと思いますが、あまり時間をかけすぎないように注意した方がよいと思います。

高1・2のうちに進化と系統以前の分野くらいまでの基本事項が理解できていればよいペースなのではないかなと思います。なかでも、遺伝子の発現や細胞分裂などの最重要の分野については完璧であるという状態にしておけるとよいと思います。

あわせて読みたいコンテンツ

高1・2生へのアドバイス

  • 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと

医学部入試の基礎知識

HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい理科 早めの対策で化学を得意科目に
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.