日頃より河合塾 医進塾サイトをご利用いただきありがとうございます。
河合塾 医進塾サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、誠に勝手ながら2023年3月30日(水)をもちましてサイトの公開を終了いたします。
今後は、河合塾の運営する大学入試情報サイト「Kei-Net」河合塾の難関大学受験対策サイト「医学部をめざす」をご活用ください。

HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 受験当日の緊張を乗り越えた対処法

私の医学部受験レポート(私立大学) 受験当日の過ごし方
受験当日の緊張を乗り越えた対処法

I. I さん
日本医科大学
神奈川県立湘南高校 出身
2021年度 河合塾 町田校 在籍 高校グリーンコース

一次試験

一次試験当日のスケジュール

  • 試験
  • 自習
一次試験当日のスケジュール

会場に着くまで

事前に下見には行きませんでしたが、会場までの行き方は何通りかしっかりと調べておきましたので、当日は焦らずに会場まで行くことができました。移動中は緊張していたので、勉強しても頭に入ってきませんでしたが、最後まで勉強を続けました。何も考えられないときは電車から外の風景を見ていました。

また、私立大学の会場に着くまでの間には、多くの医学部専門予備校がパンフレットと一緒にお菓子や飲み物を配っていました。試験の合間に食べられるように、荷物にならない程度にもらいました。

会場に着いてから試験終了まで

試験中はわからない問題が多かったときに緊張してしまうことが多かったです。そんなときには「自分にできない問題は誰もできない!」と自分に言い聞かせて一旦飛ばし、最後まで終わらせることを心がけました。ある程度は解答用紙を埋めることで、心を落ち着かせることができました。

試験の合間には次の時間の科目の苦手な分野を確認しながら甘いものを食べていました。昼食はあまり食べすぎると眠くなるので、軽めの弁当を食べるようにしました。

試験は時間配分や解く順番を意識して解いていたので、過去問演習のときに想定した通りにできました。

試験終了後

試験終了後は会場の外で配られていた医学部専門予備校の解答速報を見て、大体何割得点できたか知るために大雑把な丸付けをしました。その解答速報はあくまでも速報ですので、参考程度にしました。
また、SNSは「数学満点きた」、「英語めちゃくちゃ簡単だった」など、受験生の不安を煽る投稿が多いのであまり見ないようにしましょう。

家に帰ってからはわからなかった問題を思い出して解き直しをしました。問題用紙は回収されてしまう場合が多いので、試験後にできなかった問題をメモするようにしました。

一次試験のアドバイス

緊急時の対応

電車やバスの遅延に備えて会場までのルートを必ず何通りか用意して、万一の場合に焦らないようにしましょう。最悪の場合は電車の運転見合わせで足止めを食らってしまうこともあります。そのような緊急時は、まず大学側が用意した連絡先に連絡しなければなりません。緊急時にどうすればよいのかについては、事前に親や塾のチューター(進学アドバイザー)などと話し合っておきましょう。

服装や持ち物

試験会場が暑すぎたり寒すぎたりした場合に備えて、服装で調節できるようにしたり、カイロを持ち歩いたりしましょう。最後の科目の方になってくると頭がボーッとしてくるので、チョコレートなどを適量食べて頭が常に働く状態をつくるということを心がけるべきだと思います。

緊張したときの対処法

試験会場で緊張して頭が回らないときは、トイレに行って手や顔を洗うとかなりリフレッシュして気持ちを切り替えられます!

時間配分や解く順番は緊張して忘れてしまう可能性もあるので、事前に何度も過去問を見たうえで解き方の戦略をしっかりまとめて、可能ならば紙に書いておきましょう。何時何分にどの科目が始まるかについて、数日前から意識して過ごしておくと、当日の時間配分が多少しやすくなるのでオススメです。

二次試験

二次試験当日のスケジュール

  • 試験
  • 自習
二次試験当日のスケジュール

会場に着いてから試験終了まで

会場に着いてからは面接に備えてよく聞かれる質問の答えをすらすらと答えられるようにしていました。ずっと大人しく座っていると緊張してしまうので、移動できる間は会場の外をずっと散歩していました。

グループ討論は学校で友達と話し合いをするときのように話しました。また、大きな声ではっきり話すということを意識しました。

試験終了後

試験終了後は試験のことは一旦忘れて、映画を見に行ったり街をブラブラしたりして気持ちをリフレッシュしていました。

そして、せっかく面接試験を受けたので、反省点を振り返って次の試験にいかせるようにしました。面接で失敗したなと思ったときも、後でまた落ち込まないために「面接官外れだったんだな〜」と自分に言い聞かせて自分を慰めました。家に帰った後は次の試験などに集中するために早く寝て、次の日からしっかり切り替えられるようにしました。

二次試験のアドバイス

自分の言葉で話せるようにする

面接は台本を覚えて答えるようにするより、なんとなくの言いたいことをメモして、そこから自分の言葉で話せるようにしましょう。そのほうが自然に自分の思いが面接官に伝わりますし、台本を忘れて頭が真っ白になるという悲惨な事態を防げます。

また、綺麗事を言い続けるよりは自分の正直なことを言うと、面接官に良い印象を持たれていた気がするので、常識の範囲内で率直な意見を述べるようにするとよいと思います。グループ討論の際は「相手の意見にしっかり耳を傾けること」、「ユニークなアイデアを考えること」の2つを常に意識して臨むと、他の受験生に差をつけられると思います。

自分の印象を人に見てもらう

手をずっといじる、貧乏ゆすりをするなどの癖に気づかないまま、面接に臨んでいる人もいました。面接官の印象に影響を与えてしまうので、一度は人に面接練習の様子を見てもらって客観的な意見をもらいましょう。

なにより大切なのは、人の目を見て大きな声ではっきり話すという超基本的なことです。あまり気負わずリラックスすれば、本当の自分を評価してもらえて問題ないと思います。一番大切なのはやはり一次試験ですので、面接のことは一次通過してから考えましょう!

関連記事を読む

受験校の選び方
国公立大学
私立大学
受験当日の過ごし方
AO入試
準備編
当日編
推薦入試
準備編
当日編

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

試験当日のアドバイス

HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 受験当日の緊張を乗り越えた対処法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.