HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 集中して試験本番に臨むために

私の医学部受験レポート(国公立大学) 受験当日の過ごし方
集中して試験本番に臨むために

近藤 真奈美 さん
東北大学
兵庫県 甲南女子高校 出身
2016年度 河合塾 大阪校医進館 在籍 大学受験科

二次試験 1日目

二次試験1日目のスケジュール

  • 1日目のスケジュール試験
  • 1日目のスケジュール自習
1日目のスケジュール

会場に着くまで

東北大学試験日の前日から現地入りして会場の下見などは行っていたので、当日はいつも通りに起きてホテルで朝食をとりました。その後は、ホテルで慣らしとして河合塾のテキストの英文を読むなどをして過ごしました。現役時に東北大学を受験し、会場に早く着いても外で待たなければならなかったので、遅めに会場入りしました。

ホテルから試験会場までは地下鉄で行きました。大学近くのコンビニは受験生で混んでいたり、品薄だったりする可能性もあるので、ホテルから駅に向かう途中のコンビ二でお昼を買いました。

会場に着いてから試験終了まで

遅めに会場入りすると、もう建物の外にほとんど人はいませんでした。さらに教室に入ると、すでに試験監督が入室されていたので焦りました。お手洗いに行くなどの準備が終わり着席した直後に問題用紙が配られました。着席したときに机がガタついていることに気づき、試験監督に声をかけて机を変えてもらうことができました。

私が受験した年は、スマホなどの通信機器はB5くらいの封筒に入れるように試験ごとに指示されました。iPadなど大きいものは、試験のたびに試験監督に預けることになっていました。

試験自体は、一教科目の英語は慌てて用意してから挑んだとは思えないほど、落ち着いて解くことができました。試験後は問題用紙の回収の時間が毎回30分ほどあります。この時間はしゃべることはもちろん、参考書なども見ることもできませんでした。

昼休みは親が来ていたので、食堂で一緒に食べました。地元の予備校のグループが試験について話していましたが、あまり気になりませんでした。

お昼休み後の理科の試験は、思ったよりも化学ができず、期待したようには得点できませんでした。引き続いて行われる小作文の試験は、どのように答えたらよいのかわからない問題もありましたが、大方は素直に答えることができました。

試験終了後

試験終了後は夕食を食べてからホテルに戻りました。小作文の内容が面接で聞かれるため、自分が回答した内容のメモをノートに取りました。その後は翌日の試験に備えて、数学の勉強をしました。解き慣れていた河合塾の基礎シリーズのテキストの復習をしていました。

二次試験1日目のアドバイス

試験会場の下見だけでなく、会場が開く時間なども調べられる場合は調べておくとよいと思います。私は大丈夫だろうと遅めに会場入りしたところ、結果的にギリギリの時間になってしまい、焦ってしまいました。

また、机のガタつきのような些細なことでも、気になることがあれば試験監督に伝えて改善してもらうのがよいと思います。小さなことで集中力がそがれてしまうのは、とてももったいないと思います。

1日目で一番大切なことは、失敗を次の日まで引きずらないことだと思います。合格した同級生の話を聞いていると、1日目はダメだったけど2日目の数学で逆転できたと言っている子も大勢います。逆に気負いすぎて夜中まで勉強するなど、普段と違うことはしないようにしましょう。

今では笑い話ですが、1日目の夜にホテルで骨折してしまい、痛みに耐えながら次の日の試験を受けた同級生もいました。最後まで、けがや病気には気をつけるようにしてください。

また、東北大学は小作文の内容を基に面接が行われるので、自分が書いた内容をまとめておくと面接がスムーズに行えると思います。

二次試験 2日目

二次試験2日目のスケジュール

  • 1日目のスケジュール試験
  • 1日目のスケジュール自習
受験スケジュール計画表

会場に着いてから試験終了まで

1日目と同様、普段通りに起きて朝食をホテルで食べた後、数学の勉強をしてから会場に向かいました。1日目の反省を活かし、少し早めに会場入りしました。その結果、ちょうど会場が開いた時間に到着することができ、落ち着いて試験に挑むことができました。

2日目は午後に面接試験があるため、スーツで受験する人が多かったですが、私はいつも通りの状態で試験を受けたかったので、私服で受験しました。少し周りから浮いていた気もしましたが、リラックスして問題を解くことができました。

数学は今までと大きく傾向が変わっていました。とりあえず手早く得点できそうな問題だけ解いたところ、半分近く時間が余ってしまいました。その後、落ち着いて考えると大方解答することができました。

数学終了後の昼休みは母と食事をしてからスーツに着替え、面接に挑みました。私は最後のグループだったので、待ち時間が4時間ほどありました。読書、面接対策、寝る、を繰り返していました。面接自体は対策をしっかりしていったので、落ち着いて挑むことができました。

試験終了後

面接が最後のグループになってしまった場合は、その日中に関西の自宅に帰宅するのは難しいとわかっていたので、もう1泊できるようにホテルを取っていました。面接終了後は仙台で夕食をとり、次の日は観光して帰りました。

二次試験2日目のアドバイス

2日目の試験では、1日目のことは忘れてフレッシュな気持ちで挑みましょう。実際私も化学は失敗してしまいましたが、気持ちを切り変えて臨んだ結果、数学は手堅くまとめることができました。

また、面接のために朝からスーツで来る人も多かったですが、私のように慣れていない服装では試験に集中できない人もいると思います。面接試験前に昼休みを挟むなど、着替える時間が十分にある場合は、慣れた服装で受験して面接前にスーツに着替えるのもよいかもしれません。

面接前の対策には1日目に用意した小作文のまとめは非常に役に立ちました。小作文の問題から面接で聞かれそうなことを考えて答えを用意しておきました。この工程において、大学受験科の前期に受講した医療論文対策の講座が役に立ちました。

また、面接で後ろのグループになった場合は待ち時間が長いので、本などを準備しておくとよいと思います。私は、直前に4時間ずっと面接対策をしようという気にはなれませんでした。

面接自体はオーソドックスな質問が多いですが、非常識な発言はしないように気をつけましょう。

関連記事を読む

受験校の選び方
国公立大学
私立大学
受験当日の過ごし方
センター試験
国公立大学
私立大学
AO入試
準備編
当日編
推薦入試
準備編
当日編

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

試験当日のアドバイス

HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 集中して試験本番に臨むために
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.