HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験校の選び方 事前に複数の候補を挙げて準備する

私の医学部受験レポート(国公立大学) 受験校の選び方
事前に複数の候補を挙げて準備する

K. N
K. N さん
岡山大学
兵庫県 出身
2019年度 河合塾 大阪北キャンパス 東大・京大・医進館 在籍 大学受験科

受験校選びのポイント

事前に複数の候補を挙げておく

私が国立大学の受験校を決定したのは、センター試験後(※)でした。ただし、それ以前からセンター試験のパーセンテージに応じてどの大学を受験するかは決めていました。
90%以上なら第一志望、88%以上90%未満なら第二志望、86%以上88%未満ならココとココとココというふうに、2%刻みで決めておけばわかりやすいと思います。

また、それに合わせて11月ごろには願書の取り寄せや宿泊するホテルの予約も大体を終わらせました。

※大学入試センター試験は、2021年1月実施より大学入学共通テストになります。

出願直前に迷う場合

私の場合、センター試験の結果が振るわなかったので、二次試験の比率や相性を鑑みて2校まで絞りました。 どちらの大学もカリキュラムや難易度、問題が魅力的であったため、私は最終的に願書が大学に確実に届くギリギリの日の倍率をみて、低いほうに出願することにしました。私の場合は、迷った2校のうちの片方がもう一方の6割くらいの倍率でしたので、そちらに出願した結果、無事に合格できました。

ただし、最終日にいきなり志願者数が増える結果になった大学もありますので、いつも私のようにいくわけではないようです。また、願書は必着なのか、消印有効なのか確認し、少し余裕を持って出願することも大切です。志願者倍率は大学のホームページに掲載されます。

後期の受験校

後期の受験校は試験科目を重視しました。現役生のときに後期で学科試験のある大学を受験して数学でミスをしてしまった経験から、後期はミスをすることがほぼない小論文・面接のみの大学に出願しました。

私立大学の受験校

私立大学には模試の結果から安全校と実力相応校を一つずつ受験しました。もともと実力相応校のほうは受験する予定はありませんでしたが、前述のセンター試験の結果を踏まえて受験することを決定しました。

私立大学は日程が被る、もしくは移動を考えると受験が難しい場合が多いので、カレンダーなどを使ってしっかり自分でマネジメントをすることが重要だと思います。

河合塾のチューターに相談し決定

受験校を決定する際には河合塾のチューター(進学アドバイザー)に相談しました。優柔不断な性格なので決定するまで時間がかかりましたが、過去のデータや自分の模試の傾向、また自分が医師としてどのようなことをやっていきたいかなどもふまえて親身に相談に乗ってくださったのは、精神的につらい時期でもあったのでありがたかったです。

受験スケジュール計画表

受験スケジュール計画表
  • ※学部・学科名、方式、難易度ランク・得点率、入試科目は受験時のものです。現在は変更になっている場合があります。

関連記事を読む

受験校の選び方
国公立大学
私立大学
受験当日の過ごし方
センター試験
国公立大学
私立大学
AO入試
準備編
当日編
推薦入試
準備編
当日編

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

試験当日のアドバイス

HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験校の選び方 事前に複数の候補を挙げて準備する
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.