HOME > 受験対策 > 医学部受験を乗り切るために > 医学部をめざした理由 自分の目標とする医師像をめざす

医学部受験を乗り切るために 医学部をめざした理由
自分の目標とする医師像をめざす

名古屋大学 池田さん
池田 翼 さん
名古屋大学
愛知県立時習館高校 出身
2017年度 河合塾 千種校 在籍 大学受験科

大学受験科で通ったコース

患者さんや家族に寄り添える医師になりたい

私が医学部をめざした理由は、患者さんやその家族の心を思いやることができる医師になりたかったからです。深い知識と広い視野を持って的確な診断をくだすことはもとより、患者さんの意思を尊重してその家族に寄り添える医師になりたいと考え、医学部受験を決意しました。医学部をめざし始めたのは中学3年生頃からです。

医学部受験では多くの大学で志望理由書や面接が課されるので、入試本番までに自分がめざす医師像を自分なりに固めておくとよいと思います。

受験生時代の頑張りがプラスに

高校受験を終えてから、医学部の受験を突破するために、高校1年生のときから英語と数学の基礎力を地道に培っていくべく勉強を続けました。医学部で学ばなければならない膨大な知識を大学在学中に獲得するには、高校で勉強する科目の基礎力が不可欠です。

理科については、私は化学と物理で受験をしました。医学では生物学の知識が必要とされる点で、生物を含めいずれの科目を選ぶにしても、受験生時代に学力を最大限に高めておくことが、医学部での勉強を効率的にこなしていくためには必要です。なお、志望する大学によって理科の指定科目がある場合がありますので注意してください。

受験生の皆さんは、復習で同じことを何度も反復せねばならず、苦しい期間が続いているかと思いますが、ここでの頑張りが大学に入学してからもプラスになるので、ぜひとも頑張っていただきたいと思います。

臨床医と研究医のどちらに進むか

私が受験した名古屋大学は、研究マインドを持った医師の養成に力を入れている大学です。将来臨床医としてやっていくのか、研究医としてやっていくのかについての悩みは増すばかりです。どちらであっても患者さんを助けていきたいという思いをモチベーションにして勉強を続けています。受験生のみなさんも、具体的な進路はまだ決められないかもしれませんが、自分の目標とする医師像を思い描くようにしてください。受験期間の辛い時期にやる気を取り戻す源泉になると思います。

最後に

医学部をめざそうと決意されている受験生は、基礎学力を徹底的に高めていく(ミスを減らす工夫をすることなども大事です)ことだけでなく、並行して自分の目標とする医師像を固めていってください。

今すぐ役立つ! 医学部入試情報・試験対策まとめ

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

HOME > 受験対策 > 医学部受験を乗り切るために > 医学部をめざした理由 自分の目標とする医師像をめざす
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.