HOME > 受験対策 > 医学部受験を乗り切るために > 2学期の過ごし方と勉強法 2学期は授業の予習に重点を置く

医学部受験を乗り切るために 2学期の過ごし方と勉強法
2学期は授業の予習に重点を置く

K. N
K. N さん
岡山大学
兵庫県 出身
2019年度 河合塾 大阪北キャンパス 東大・京大・医進館 在籍 大学受験科

大学受験科で通ったコース

2学期の学習スケジュール

  • 受験スケジュール授業
  • 受験スケジュール自習
2学期の学習スケジュール
  • ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。
  • ※連続して自習となっている場合でも、途中で休憩を入れています。

2学期の過ごし方と勉強法

夏休みが終わると、いよいよ入試本番が近づいてきたように感じると思います。計画通りに勉強を進めることができ満足している人や、最後まで終えることができずに焦りを感じている人などさまざまだとは思いますが、まだ時間は十分あります。一つ一つ課題をクリアしていきましょう。
今回は2学期(完成シリーズ)の過ごし方と勉強法についてアドバイスしたいと思います。

河合塾で受講したコース

私は浪人時、大阪校医進館のトップレベル国公立大医進コースに在籍していました。このコースの良かった点は講師のレベルが高いことと、同じ目標に向かって勉強している仲間が多くいたことです。

講師の授業が分かりやすかったことはもちろんですが、質問対応もとても丁寧にしてくださいました。一つの問題について30分以上解説してくださったり、英語の要約問題の添削を私の意見を聞きながらしてくださったり、時には勉強以外の相談にも乗ってくださり、大変心強かったです。

また、医学部合格という共通の目標を持つ友人と勉強できたのは楽しかったです。みんなそれぞれ志望校が違っていたので、いろいろな医学部受験の情報を共有したり、お互いの得意科目を教えあったりしました。そのときの友人全員が日本中の異なる医学部に進学しましたが、今でも連絡を取りあうなど貴重な交友関係を築くことができました。

2学期の学習で意識したこと

2学期(完成シリーズ)は1学期(基礎シリーズ)とは違い、授業の予習に重点を置くとよいと思います。私は夏休み中に1学期のテキストの復習は一通り終わっていたので、より高度な思考力を要する問題に取り組みました。その際に意識したことは「帰着」と「時間配分」です。

「帰着」について

帰着とは1学期で習った基本的な知識や考え方に落とし込んで問題を解くということです。

河合塾の2学期のテキストは1学期に比べて難度が格段に上がります。しかし、それらの問題はただ歯が立たないような難しいものを並べているわけではなく、基本的に1学期の内容を用いれば解けるようになっています。

予習の段階で「この問題は基礎シリーズのあの問題に似ている気がする」「あの問題で問われた知識を使うと解けそうだ」などと考えながら取り組めば、効率よく応用力を上げることができると思います。

「時間配分」について

文字通り時間を意識して解くということです。9月はまだ大丈夫だと思いますが、10月下旬には少なくとも時間内に解く練習を始めましょう。その際の時間設定は志望校の試験時間だけでなく、各々の得意不得意も考慮する必要があります。
たとえば同じ英語でも苦手な長文問題には多くの予習の時間を割き、得意な和訳は短めで解く、など自分の傾向に合わせて工夫してみてください。

教科別の学習ポイント

英語・数学

前述のとおり、2学期の勉強は基本的に予習にウェイトを置いていたので、英語と数学は学期を通して授業の予習と、できなかった問題のポイントを拾って頭に入れる復習をしていました。

理科

理科に関しては、私の第一志望校は高い計算力よりも基本的な知識をいかに正確に適用できるかが問われていたので、2学期の前半はテキストの予習・復習に徹し、後半は1学期の問題やセンター試験(※)の過去問を解いて基礎の部分の穴を徹底的に埋めるようにしました。 ※大学入試センター試験は、2021年1月実施より大学入学共通テストに変更となります。

国語

国語は2学期の後半から自分でセンター試験の過去問に取り組みました。最初は授業の予習・復習のみを行っていたのですが、現・古・漢がそれぞれ週に一度しか授業がなかったので、演習量を増やすためにそうしました。

社会

社会は週1回の授業の復習をその日のうちにしていました。もしかすると暗記要素の強い社会は冬休みに回し、今は二次試験の科目に専念すべきと考えている人がいるかもしれません。
しかし、暗記量が膨大なうえ、そもそも冬休み自体が短いので、結局ほかの科目に手が回らず社会も最後まで覚えることができなかった、という状況に陥りかねません。そんなことにならないよう、暗記科目だからこそコツコツと取り組みましょう。

最後に

秋は季節の変わり目で体調を崩しやすかったり、成績が思ったように伸びずに落ち込みやすかったりといろいろな面で受験生にとって辛い時期ですが、今までやってきたことを信じて、冬の追い込みに向けて無理をせずに頑張りましょう。

今すぐ役立つ! 医学部入試情報・試験対策まとめ

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

HOME > 受験対策 > 医学部受験を乗り切るために > 2学期の過ごし方と勉強法 2学期は授業の予習に重点を置く
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.