HOME > 医学部合格体験記2021 > 東京医科歯科大学 医学部医学科 合格(麹町校)

医学部合格体験記2021 講師・友人のおかげで苦手だった
物理の理解を深められた

安富 洋平さん
東京医科歯科大学合格
2020年度 河合塾 麹町校 在籍 大学受験科
安富 洋平さん
東京都 開成高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

私は5歳でサッカーを始めてから高校でサッカー部を引退するまで、13年ほどサッカーを続けてきました。その中で多くのけがを経験し病院に通うことも多く、医師の方々が優しく接してくれたり、熱意をもって働いている姿を間近で見たりすることで憧れを抱き、私も医師をめざしたいという思いを強く持つようになりました。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

私は中高一貫校に通っていましたが、大学受験を意識して塾に入ったのは高1の冬です。小学生のころから医師になりたいというぼんやりとした気持ちは持っていました。大学受験をめざした勉強を始めるときもその思いはぶれることがなく、医学部を受験しようという気持ちを持って塾に入りました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

現役のときに失敗した主な原因は、物理の実力が足りていなかったことでした。浪人して苑田先生の授業を受け、根本的な理解を深めることができたことで苦手意識を持っていた物理がかなり好きになり、物理の成績が伸びたと思います。ただ私は一人では先生の授業を理解できなかったと思います。一緒に一年間勉強してきた友人と説明しあうことで(ほとんど教えてもらう側だったのですが)、理解が深まりました。

試験の手ごたえはいかがでしたか?

共通テスト

一日目の地理が大幅に問題形式が変化していて面食らいました。今年は共通テストに向けて地理の勉強に力を入れていたので、あまり手ごたえがなく悔しい思いをしました。2科目目の国語が私にとっては鬼門でしたので始まるときは緊張していましたが、終わったときはかなり手ごたえが良かったです。英語のリスニングは一切の手ごたえがなく採点をするまで本当に怖かったです。

二日目の理数科目はとにかくミスをしないことを意識して解いていて、終わった後の手ごたえはかなり良かったです。

二次試験

今年は数学と物理がかなり簡単になったと思うので、その2科目の終わった後の手ごたえは良かったです。ただ数学の第1問の確率の問題は条件を整理した後に数え上げて答えを出したので、解答速報を見るまではあっているか不安でした。得意科目の化学はいつもより点が取れていない感触でしたが、物理と数学がいつもより取れている自信があったので、落ち込むことはなく最後の英語に臨むことができました。英語はとにかく最後の大きな記述問題を書ききることを至上命題にしていたので、とりあえず書ききることができて安心しました。

面接

東京医科歯科大学の面接は5分ほどで終わり、1分間で自己アピールをすることが特徴です。この自己アピールをしっかり用意しておけば、後はその場で聞かれたことに臨機応変に対応するくらいで問題ないと思います。面接官の先生方はかなり優しく、笑顔でうなづきながら話を聞いてくださいました。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

私はできれば家から通える国立大医学部に行きたかったので、御茶ノ水という立地がよいと思いました。また今後の医療には健康寿命を延ばし、より長く多くの方々が健康に暮らせるようにサポートすることが求められると思いますので、医歯学融合によって超高齢化社会に求められる医療を提供しているところに魅力を感じました。

受講していたコースを教えてください。

ハイパー国公立医進コース』を取っていました。このコースで受けられる授業をしっかりこなし復習を丁寧にするだけでかなり力がつくと思います。自分だけで勉強しようとすると科目の偏りが出てしまうと思いますが、このコースの時間割に沿って勉強することでバランスよく勉強できたと思います。

河合塾の学習環境はどうでしたか?

河合塾には自習する場所が多く、気分によって場所を変えられるところが良かったです。朝9時に河合塾に来て夜9時(緊急事態宣言中は8時)に帰る生活を続けることで、成績を伸ばせたと思います。また、わからないことや不安なことを気軽にチューター(進学アドバイザー)に相談することができたことが心強かったです。授業のレベル、テキストのレベルも高かったので、非常に実りある1年にすることができました。

講師へメッセージをお願いします。

一番は物理の苑田先生に感謝しています。先生の授業を何とか理解しようといつも一番前の席で授業を受け、友人と説明しあいながら理解を深められました。ありがとうございました。

医学部医学科の合格をめざす受験生へアドバイスをお願いします。

医学部をめざすためにはすべての科目で抜け目ない実力をつけ、共通テストでも高得点を取らないといけないと認識されていると思います。ただ実際にはやはり英数の占めるウェイトが大きく、共通テストでの多少の失敗はいくらでも二次試験でカバーできます。もちろんすべての科目をバランスよく勉強することが大事ですが、変に共通テストに力を入れすぎないことが重要です。

現役のときは12月からセンター試験の勉強一辺倒になってしまい、センター試験が終わった後に二次試験の数学が全然できなくなっていました。めざす大学の合格点に届くためには、共通テストと二次試験でそれぞれどれくらい取ればよいのか、そしてそのためには科目ごとにどれくらいの時間配分で勉強すればよいのかをしっかり考えて勉強するとよいと思います。わからないことがあればチューターや講師に気軽に相談するとアドバイスがもらえると思います。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

安富くん、合格おめでとうございます! 体調管理を含めて今年度は大変な1年でしたが、志望校合格が叶って私も嬉しいです。
安富くんは学習が丁寧で、わからないことがあれば講師に質問している姿を度々見かけたことが印象に残っています。友人と切磋琢磨しつつ、自習室で集中して学習できていたことも志望校合格の一因だったと思います。
これから6年間の学びも、河合塾での1年を自信にして頑張ってください! 応援しています。

篠田 奈生子 篠田 奈生子

河合塾 麹町校

  • 〒102-0085
  • 東京都千代田区六番町1-3
  • TEL:0120-192-599
河合塾 麹町校 詳細を見る
HOME > 医学部合格体験記2021 > 東京医科歯科大学 医学部医学科 合格(麹町校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.