HOME > 医学部合格体験記2019 > 千葉大学 医学部医学科 合格(津田沼校)

医学部合格体験記2019 河合塾のテストゼミで力がつき、
自信を持って本番に挑めた

服部 優希さん
千葉大学合格
2018年度 河合塾 津田沼校 在籍 大学受験科
服部 優希さん
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

僕は幼少期から生命に関することに強い興味を持っていて、医師として働く親戚の姿を見て、医師という職業に憧れを抱いていました。また、直接的に人に関わり、人の役に立ちたいという強い気持ちがありました。
そこで、自分の興味のある分野で尚且つ、直接人の役に立てる臨床医になりたいとずっと思っていたので、医学部をめざしました。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

小学生の頃から漠然と医学部へ進むことを意識してきましたが、受験に向けて本格的に勉強を始めたのは高校2年生の3学期からです。
医学部受験では、得意科目を伸ばすよりも苦手科目を無くすことが重要だと思うので、浪人中の1年間は苦手の克服に務めました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

僕は数学が苦手でしたが、基礎シリーズ(1学期)のテキストにじっくり取り組んだ事で、特に弱い分野が明確にわかりました。夏休みを使って重点的に向き合ったことで数学に対する苦手意識がなくなりました。
また、土曜日の講座や完成シリーズ(2学期)でテストゼミを受ける機会が多くあり、どんなときも安定して実力を発揮する力を身につけられたことで、入試本番にも自信を持って挑むことができした。

服部 優希さん

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

マーク模試などで1年間を通して安定した成績を残せていたのですが、センター試験本番の前日はプレッシャーからほとんど寝ることができませんでした。それでも普段から厳しい環境で演習することを心掛けていたので、平常心で試験を受けることができ、実力を遺憾なく発揮することができました。

センター試験の勉強は、点数がぶれやすい社会と国語を12月中旬から毎日続け、その他の科目については、年が明けてから本格的に始めました。

二次試験

センター試験がうまくいったので、自信を持って挑めました。一科目目の理科は、昨年から試験時間が変わったせいか、時間ぎりぎりでなんとか解き終わりました。数学は昨年失敗したトラウマもあり、始まる前はすごく緊張しましたが、終わった後はしっかり取るべき問題は取れた自信があったので、ほっとしました。英語は今までよりも少し難しくなっていたと思います。
すべての科目でしっかりと点を取れた手ごたえがあったので、試験後は合格を確信することができました。

面接

千葉大学の面接は、設定が与えられてその問題点と解決法を述べる形式です。僕は昨年、前期と後期の2回千葉大学を受験していたので、当日の流れは頭に入っていたので特に対策はしませんでした。
普段から、社会で起こったことについて自分なりに考える習慣をつけることが対策になると思います。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

生まれてから小・中・高とずっと千葉県で育ってきたことと、千葉大学は家から通える国公立大学医学部だったので志望しました。また、千葉大学は総合大学であり、他学部の生徒と交流する機会が多いので、人脈を広げられたり、自分の視野を広げることができる点も魅力の一つであると考えました。

受講していた授業(コース・講座)を教えてください。

トップレベル国公立大医進アドバンスコース』を受講しました。自分は二次試験で実力を発揮する力が不足していると思い、テストゼミが多いコースにしようと考えて選びました。毎週土曜にあるアドバンスゼミでは、厳選された問題をテストゼミ形式で解くのですが、僕はこのおかげで二次形式のテストで安定して力を出すことができるようになり、自信につながりました。

河合塾でよかったところは何ですか?

河合塾はテキストと授業の質が高いと思います。テキストの予習・復習と授業で、確実に合格できる力を身につけることができました。また、わからないことがあったら講師がいつでも質問に答えてくださり、すぐに解決できたことも良かったです。

そして、模試やテストゼミなど、本番に近い状態で問題を解く機会がたくさん用意されていて、授業でインプットしたことをアウトプットする力も身につきました。

講師やチューターにメッセージをお願いします。

1年間熱心に指導してくださり、本当にありがとうございました。講師の方の面白い授業や、スタッフの親切なケアのおかげで1年間ポジティブな気持ちで頑張ることができ、無事合格することができました。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

何よりも大切なことは1年間モチベーションを保ち続けることだと思います。そのためにも、十分に睡眠を取ったり、適度に息抜きをすることが重要です。無理に頑張りすぎて途中で気持ちが折れてしまうのは非効率だと思います。

また、模試の成績が思うようにいかなくても腐らずに、すぐ切り替えることが大切です。どうしても落ち込んでしまったり自信が持ってないときは、チューター(進学アドバイザー)やスタッフの方が励ましてくださるので、遠慮せず相談しましょう。最後の最後まであきらめなければ努力は報われます。がんばってください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

服部君は昨年度の反省を活かし、1年間ペースを乱すことなく学習に取り組んだことが合格に結びついたと思います。また、常に謙虚な姿勢でテキストの予習・復習やアドバンスゼミに取り組み、高いレベルで安定した学力をつけた印象があります。

医学部合格おめでとうございます。冷静で謙虚な性格は医師に向いていると思います。将来、医学界で活躍することを期待しています。

佐藤 両 佐藤 両

河合塾 津田沼校

河合塾 津田沼校
  • 〒275-0026
  • 千葉県習志野市谷津1-15-33
  • TEL:0120-192-840
詳細を見る
冬休み・直前期攻略大作戦!
HOME > 医学部合格体験記2019 > 千葉大学 医学部医学科 合格(津田沼校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.