HOME > 医学部合格体験記2019 > 大阪大学 医学部医学科 合格(大阪校医進館)

医学部合格体験記2019 レベルの高いライバルと切磋琢磨し、
成長できた1年に

梅木 勇輔さん
大阪大学合格
2018年度 河合塾 大阪校医進館 在籍 大学受験科
梅木 勇輔さん
兵庫県 灘高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

祖父をがんで亡くしたことが医師をめざしたきっかけです。困っている人を助けたい、そして人体の不思議について研究したいという漠然とした思いから医学に興味が湧きました。また、人とのコミュニケーションをとることが好きで、人の気持ちに寄り添うことができるという自分の長所が活かせるのが医師であると考えたことも、志望理由の一つです。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

受験を意識しはじめたのは、高2の秋頃です。それ以前は、高校の定期試験でしっかり点数を取る事を意識して学習していました。この頃から塾に通い始め、大阪大学医学部の知り合いの方にアドバイスをいただきながら、本格的な大阪大学医学部対策を始めました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

私は現役のときは数学が苦手で、とにかく量をこなしていました。しかし、学習の質が悪く、最後まで伸びませんでした。河合塾のテキストは、浪人生が怠りがちな基礎学習を重視した内容で、予習・復習を徹底することで夏以降の数学の得点の飛躍につながりました。

個人的な学習法として、私は各科目のミスを集めたノートを作成し、同じミスを二度と繰り返さないように努めました。

梅木 勇輔さん

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

現役時に大失敗していることもあり、かなり緊張しました。試験会場は知り合いが一人もおらず、自分の世界を作って集中することができました。一科目目の地理が難しくて焦りましたが、「周りも同じように感じている」と言い聞かせて一日目を乗り切りました。

二日目の数学は時間との勝負なので、早めに会場に行き過去問で少し手を動かしました。休み時間は周りの会話をシャットアウトするために、イヤホンで音楽を聴いていました。

二次試験

一科目目の数学で緊張から手がまったく動かず、不合格が脳裏をよぎりました。しかし、「今までの模試や練習では、数学がどれだけ悪くても合格できるような点数を英語と理科で取っている」と自分自身に言い聞かせて乗り切りました。

試験後は落ち込みましたが、まだ面接が残っているので、家に帰ってからは新聞の医療コラムを読んだり、絶対聞かれる質問にすぐに答えられるように練習し、早めに寝ました。

面接

大阪大学の面接は、7つの面接室があります。それぞれの面接で聞かれることは、医師や大阪大学の志望理由で、それ以外は面接官によってバラバラだと聞いていたので、面接官との会話を楽しむという気持ちで受けました。
実際、面接は終始和やかな雰囲気で行われ、面接室の外には笑い声が聞こえるほどでした。緊張したというよりは楽しかったという印象が強いです。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

大阪大学医学部を志望した理由は、臨床において日本一ということ、阪神間の就職に強く、また免疫の研究の中心を担うなど、研究においても世界に名を知られている大学だからです。大阪大学でなら、自分のやりたい研究が見つかり、自分の理想の医師像に近づけると考えました。また、森に囲まれた吹田キャンパスは、勉学に集中できる環境としても非常に魅力を感じました。

受講していた授業(コース・講座)を教えてください。

エクシード阪大医進コース』に在籍していました。レベルが高いクラスで、一緒に大阪大学をめざすライバルがたくさんいると考えたからです。通常の授業に加え、各科目の講師が大阪大学医学部志望者のために特別に設けてくださるゼミがあり、一年間を通して大阪大学医学部を意識しながら学習することができました。周りのライバル達と、時に得点を競い、時にお互いに教え合いながら切磋琢磨し、成長することができました。

河合塾でよかったところは何ですか?

河合塾のテキストは質の高い問題が厳選されていて、予習・復習を徹底することでかなり力がつきました。講師の方々はいつでも質問や添削を受けてくださり、不安な点を解消し、より深く理解することができました。
また、ほぼ毎月行われる模試では、自分の成長を実感できると同時に、自分に何が足りないのかを確認し、学習の方針を立てることができました。

講師やチューターにメッセージをお願いします。

阪大数学の厳しさを教えてくださった森井先生、英作文の添削をいつでもしてくださった中村先生、ポイントを押さえたわかりやすい授業をしてくださった大西先生、物理の本質に触れさせてくださった別宮先生。そしていつも励まし、背中を押してくれた篗田さん、満渕さんをはじめとする先生方、チューターの皆様、ありがとうございました。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

河合塾には、質の高い教材、講師、チューター(進学アドバイザー)、最適な学習環境、そしてライバルがそろっています。思うような成績が出なくても焦らず、成績が良くても決して慢心することなく、自分自身を客観視して、合格に向けて何が必要かを常に考えて勉強してください。
辛いときは、応援してくれる家族や講師、チューターが自分の合格を喜んでくれる姿を想像したり、志望大学のキャンパスを訪れたりして、モチベーションを上げましょう。がんばってください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

目標が明確で、1年間ぶれることなく突き進んでいましたね。同じ目標を持ち、クラスの仲間とともに、モチベーションを維持しながら頑張りました。苦手科目の数学の克服は容易ではなかったですが、あきらめることなく、客観的に把握するためにミスノートを作成し、地道に努力していました。努力の甲斐あって、念願の大阪大学医学部合格!本当におめでとうございます。努力が花を開きましたね。

これからの方が大変だと思いますが、あきらめない気持ちを持ち続け、日本の医療界を引っ張っていってください。期待しています!!

満渕 匡彦 満渕 匡彦

河合塾 大阪校医進館

河合塾 大阪校医進館
  • 〒531-0072
  • 大阪府大阪市北区豊崎5-8-4
  • TEL:0120-070-362
詳細を見る
冬休み・直前期攻略大作戦!
HOME > 医学部合格体験記2019 > 大阪大学 医学部医学科 合格(大阪校医進館)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.