HOME > 大学情報 > 医学部のある大学一覧 > 中・四国(国公立大学)

医学部のある大学一覧 中・四国
国公立大学

中・四国の「国公立大学」の情報を掲載しています。(2018年6月15日時点)

※河合塾 医進塾掲載の情報は、掲載時より変更になっている可能性があります。
志願校決定や出願にあたっては、各大学HPや募集要項でかならずご確認ください。

大学を絞り込む

下記のチェックボックスをご利用いただくことで、大学を絞り込むことができます。絞り込みの解除

国公立大学

鳥取大学

設置キャンパス
米子キャンパス
住所
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
医学科HP
http://www.med.tottori-u.ac.jp/introduction/faculty/medicine.html
特色

1945年(昭和20年)米子医学専門学校として設置され、米子医科大学を経て、1949年鳥取大学医学部となる。小グループに分かれて能動的学習を行うチュートリアル教育や、一定期間希望の研究室に所属して行う研究など、従来の知識詰め込み型の教育方法から学生主体の学習への転換が図られている。医療手話の講義があることも特徴的である。

全学共通科目は1~3年で履修。1年から2年にかけて行われるヒューマンコミュニケーションでは地域住民と触れ合う。また早い学年から附属病院で実際の臨床に触れる機会を持つ。

2・3年で基礎医学を、3・4年で臨床医学を学び、4年では地域医療に関する講義と実習が行われる。5年から始まる臨床実習は、学生も医療スタッフの一員として加わる参加型実習制度を取り入れている。

海外研修としては、夏期休業を利用してカナダの大学などで短期研修を行う制度や、アメリカのバーモント大学医学部での夏期および春期臨床研修プログラムなどがある。

島根大学

設置キャンパス
出雲キャンパス
住所
〒693-8501
島根県出雲市塩冶町89-1
医学科HP
http://www.med.shimane-u.ac.jp/medicine/
特色

1975年(昭和50年)島根医科大学として設置され、2003年に島根大学と統合して島根大学医学部となる。

1年では医学概論や早期体験実習のほか、週1日は松江キャンパスで基礎科目や教養育成科目を履修する。6年間一貫の医学英語教育も行われる。2年では解剖学や生理学等の基礎医学の学習が始まる。

3年では、学生が希望する講座で研究を体験する講座等配属が実施されるほか、3年の1月末からは臓器別・系統別28コースの医学チュートリアル教育が約1年間行われる。4年後期からはStudent Doctorとして70週の臨床実習を実施。

5年で大学病院のすべての診療科をまわり、6年では希望する診療科を選択する。また、地域医療実習として県立中央病院や出雲市内の診療所などで実習を行い、中山間地・離島での実習では泊まりがけでプライマリ・ケアを体験する。

海外研修として、1・2年生対象のニュージーランド医学・看護研修、6年生対象のワシントン大学、メルボルン大学等での医学研修などが用意されている。

岡山大学

設置キャンパス
鹿田キャンパス
住所
〒700-8558
岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
医学科HP
http://www.okayama-u.ac.jp/user/med/medicine/index.html
特色

1870年(明治3年)に設置された岡山藩の医学館が起源。その後、岡山医学専門学校、岡山医科大学などを経て、1949年岡山大学医学部となる。

1年では津島キャンパスで実施される教養教育科目を履修するほか、少人数学習の医学セミナーや早期体験実習なども実施される。

2・3年では、正常な人体の構造と機能、病原体やさまざまな病因によって引き起こされる病態などの知識を修得。3年前期の基礎病態演習では、実際の症例を分析し、解決方法を提示する力を身につける。また、研究に従事する医学研究インターンシップにおいては、学内だけでなく国内・海外の研究室も選択できる。

4年では臨床医学と社会医学を学習し、臨床病態演習で課題解決型能力を養う。4年後半からは診療チームの一員として臨床実習に参加し、医師の知識・思考法・技能・態度を身につける。

6年の実習は選択制となっている。地域の生活の場に根ざした医療を学ぶため、1年の夏および2・3年で地域医療体験実習が実施されている。

広島大学

設置キャンパス
霞キャンパス
住所
〒734-8553
広島県広島市南区霞1-2-3
医学科HP
http://med.hiroshima-u.ac.jp/
特色

1945年(昭和20年)広島県立医学専門学校が開校し、広島県立医科大学などを経て、1953年広島大学医学部となる。

1年では主に東千田キャンパスで教養教育科目を履修し、並行して一部の専門科目も1年のうちから開始される。また、チーム医療を担う医療人養成に向けて、医学部・歯学部・薬学部合同の早期体験実習が実施される。

2年からはほぼすべてが医学専門科目となり、人体の解剖実習や少人数グループで行うテュートリアル教育も始まる。3年からは、臓器ごとの病態や全身性疾患の制御、症候に応じた診断・治療などを学ぶ。

4年では学内の研究室(一部は国内外の医療・研究機関)に配属されて約4カ月の医学研究実習に取り組み、実習後にポスター発表会が開催される。4年後半からは大学病院や学外医療施設の全診療科で臨床実習を行い、実際に患者を診療しながら学ぶ。

国際交流としては、ドイツ、カナダ、オーストリア、台湾などの大学に、毎年5年生数名が約1カ月派遣されている。

附置研究所
原爆放射線医科学研究所

山口大学

設置キャンパス
小串キャンパス
住所
〒755-8505
山口県宇部市南小串1-1-1
医学科HP
http://www.med.yamaguchi-u.ac.jp/medicine/
特色

1944年(昭和19年)に山口県立医学専門学校として設置され、山口県立医科大学を経て、1964年山口大学医学部となる。革新的な電子シラバスと臓器・系統別に編成された独自のコース・ユニット制カリキュラムを導入。

1年では吉田キャンパスで他学部の学生と共通教育科目を履修するとともに、キャリア教育(医学入門)の授業でさまざまな早期体験実習等を行う。

2年からは基礎と臨床を統合した臨床実習前医学教育が主体となる。3年では約半年間研究活動や社会活動を行う自己開発コースがあり、学内外の機関のほか、海外の大学や研究施設で実施することも可能となっている。さらに修学論文テュートリアルにおいて自己開発コースの成果を論文にまとめる。

プレ臨床実習テュートリアルや特別専門講義などを履修した後、4年2月から附属病院および学外施設において診療参加型の臨床実習が行われる。

患者との対応やインフォームドコンセントを重視した総合実習カリキュラムは、全国でもユニークなものである。

徳島大学

設置キャンパス
蔵本キャンパス
住所
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15
医学科HP
http://www.tokushima-u.ac.jp/med/faculty/introduction/
特色

1943年(昭和18年)に徳島県立徳島医学専門学校として設立され、徳島医科大学などを経て、1949年に徳島大学医学部となる。

1年では主に常三島キャンパスで教養教育科目を学ぶほか、医学入門で専門教育を導入し、さらに解剖学、組織学、生理学など人体の構造と機能について学ぶ。2・3年では研究心の醸成のために医学研究実習で研究に従事し、学生主体で立案・実施・発表を行う。

3・4年ではPBLチュートリアル教育で自主的に学ぶ姿勢を体得する。ここでは与えられた症例シナリオに基づいて、グループで検討・調査して理解を深める。系統別病態診断、臨床実習入門等を履修した後、4~6年では、診療チームの一員として一定の役割を持ちながら臨床実習(クリニカル・クラークシップ)を行う。

3・4年では希望者が学術協定校への短期海外留学を行うことも可能で、2016年度はテキサス大学(米国)、ハノーバー大学(ドイツ)、メトロポリア応用科学大学(フィンランド)などで学生が実習を行った。

附置研究所
【共同利用・共同研究拠点】
先端酵素学研究所

香川大学

設置キャンパス
三木町医学部キャンパス
住所
〒761-0793
香川県木田郡三木町池戸1750-1
医学科HP
http://www.kms.ac.jp/faculty/about/igakuka/
特色

1978年(昭和53年)香川医科大学として開学。2003年に香川大学と統合し、香川大学医学部となる。

1年では幸町キャンパスで全学共通科目を中心に学ぶほか、早期医学として、身の回りのトピックスから医学に関する考えを深めたり、実際の研究・診療現場を体験する。

2・3年では、医学を学ぶ上で基礎となる、人体の正常構造や機能、病気の成り立ちなどについて学ぶ。臨床医学の学習は統合講義として3年から始まり、すべての病気について原因・診断・治療まで系統立てた講義が行われる。

5年からは附属病院や関連教育病院などで臨床実習を実施し、各診療科を2週間ずつまわる。20年以上続いている実習として、瀬戸内海の大島にあるハンセン病療養施設での実習があり、入所者との直接の触れ合いが好評である。

国際交流として、イギリス、ブルネイ・ダルサラーム国、タイなどの大学に学生を派遣するプログラムが用意されており、2016年度は28名の学生が派遣された。

愛媛大学

設置キャンパス
重信キャンパス
住所
〒791-0295
愛媛県東温市志津川
医学科HP
http://www.m.ehime-u.ac.jp/index.php
特色

1949年(昭和24年)に開学。医学部は1973年に設置された。生涯にわたる学習能力を養う目的で設置された総合医学教育センターを中心に、少人数のグループ学習や医学科・看護学科合同授業、患者や地域社会から学ぶことを重視したカリキュラムなどが組み込まれている。

1年では城北キャンパスで他学部の学生とともに学ぶ共通教育と並行して、新入生セミナー、基礎医学展望、介護体験実習などを履修する。2年からは基礎医学系科目や医学英語を履修し、3年からは社会医学系科目と臨床医学系科目を学ぶ。

4年では診療学実習も実施される。4年の冬からは、医療チームの一員として附属病院や県内の地域サテライトセンターで臨床実習を行い、6年ではさらに地域医療の最前線の病院でも実習を行って、患者を診る練習を積む。

学部学生のうちから研究成果を発表する機会を持つなど、学部から大学院まで一貫した医学・生命科学研究医の育成推進カリキュラムも設けられている。

附置研究所
【先端研究・学術推進機構】
プロテオサイエンスセンター

高知大学

設置キャンパス
岡豊キャンパス
住所
〒783-8505
高知県南国市岡豊町小蓮
医学科HP
http://www.kochi-ms.ac.jp/html/faculty_2-1.html
特色

1976年(昭和51年)高知医科大学として開学し、2003年に高知大学と統合して高知大学医学部となる。

1年では共通教育で初年次科目や教養科目を履修するほか、EME初期臨床医学体験では入学直後の早い段階から、さまざまな医療・介護・福祉の現場を体験する。

2~4年の間は、基礎医学・臨床医学を学ぶとともに、PBL(問題基盤型学習)によるグループ学習か、先端医療学推進センターでの研究体験のいずれかを選択する。5年からは診療参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)が始まり、診療チームの一員として実際の診療に関わる。

県内の中山間地にて1泊2日で行われる課外実習の「家庭医道場」は、地域の人々と交流しながら地域医療について学ぶもので、毎回30~40名の医学科・看護学科の学生が参加している。

国際交流としては、中国のチャムス大学、アメリカのハワイ大学等と学生交流が行われており、医学科学生の海外派遣制度としてハワイ大学へ短期留学できる制度がある。

その他の大学を見る

北海道・東北

関東・甲信越

東海・北陸

中・四国

九州・沖縄

あわせて読みたいコンテンツ

医師国家試験情報

オープンキャンパスに行こう

HOME > 大学情報 > 医学部のある大学一覧 > 中・四国(国公立大学)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.