HOME > 大学情報 > 医学部の歴史

医学部の歴史

日本における医大・医学部医学科の設立経緯と特別な目的をもって設立された特徴のある3つの大学についてご紹介します。

医大・医学部設立の背景

2017年4月時点では、全国に医学科は82校あり、その内訳は国立大学42校、公立大学8校、私立大学は31校、そして防衛省設置の防衛医科大学校となっています。そして、これら医学科は設立時期により、国公立大学4グループ、私立大学3グループに分類されます。

国公立大学

旧帝大

幕末から明治時代にかけて、各地に設立された医学所のうち、神田の種痘館がその後官営「医学所」となり、後に東京大学医学部となりました。
その後、東大医学部を巣立った医師が指導する形で、明治から昭和にかけ、全国の要所に7つの帝国大学が設立されました。現在これらの大学は、旧帝大と呼ばれています。

旧帝大(7大学)
北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州

旧制医科大学

一方、1919年大学令施行により、(医科専門学校を前身とする)6つの医科大学が認可されました。さらに同年、現在の京都府立医科大学も医科大学へ昇格しました。国公立大学の中では旧帝大に続き歴史ある大学グループです。

旧制医科大学(国立6大学・公立1大学)
【国立】 千葉・新潟・金沢・岡山・長崎・熊本
【公立】 京都府立医科

旧医専

1930年代に入ると、戦時中の医師不足対策もあり、兵士の健康管理や治療などにあたる臨床医供給のため、政府は全国19の大学に新たに医学専門学校を増設しました。

旧医専(国立12大学・公立7大学)
【国立】 弘前・群馬・東京医科歯科・信州・岐阜・三重・神戸・鳥取・広島・山口・徳島・鹿児島
【公立】 札幌医科・福島県立医科・横浜市立・名古屋市立・大阪市立・奈良県立医科・和歌山県立医科

新設医科大学

高度経済成長期を迎えた1970年前後、医療における地域格差が問題となり、その解消のため、「1県にひとつの医科大学」という構想が唱えられました。その結果、新たに18の医学科や医科大学が設立されました。
医師でありながら幹部自衛官を養成する防衛医科大学校もこのときに誕生しました。

新設医科大学(国立17大学・大学校1)
【国立】  旭川医科・秋田・山形・筑波・富山・福井・山梨・浜松医科・滋賀医科・島根・香川・愛媛・
高知・佐賀・大分・宮崎・琉球
【大学校】 防衛医科 ※文部省所管外の大学校

私立大学

当時、研究や教育を重んじていた国公立大学に対し、臨床を重視する方針で生まれたのが私立大学医学科です。

私立御三家

戦前に大学として認可され、国公立の旧制医科大学と同様の古い歴史を有することから、入学難易度も高く、「私立御三家」として知られています。

私立御三家(3大学)
慶應義塾・東京慈恵会医科・日本医科

旧医専

御三家に続く形で大学となった、医学専門学校を前身とするグループです。歴史はありながらも戦後初めて大学に昇格した旧医専も多くあります。

旧医専(10大学)
岩手医科・順天堂・昭和・東京医科・東京女子医科・東邦・日本・大阪医科・関西医科・久留米

新設医科大学

国公立大学の医学科新設の波に歩調をあわせるように、私立大学でも1970年代に16の医学科や医科大学が全国各地に新たにつくられました。個人病院や専門学校が母体となるケースもありました。自治医科大は全国の都道府県が共同して設立した大学です。

1970年代新設医科大学(16大学)
自治医科・獨協医科・埼玉医科・北里・杏林・帝京・東海・聖マリアンナ医科・金沢医科・愛知医科・藤田保健衛生・近畿・兵庫医科・川崎医科・福岡・産業医科

また、2016年4月には東日本大震災後の東北地方の復旧・復興に貢献し、東北地方の医療を支える総合診療医の養成をめざして東北医科薬科大(東北薬科大から名称変更)が設立されました。

2016年新設医科大学(1大学)
東北医科薬科
2017年新設医科大学(1大学)
国際医療福祉大学

特徴のある大学

次に、特別な目的をもって設立された特徴のある3つの大学をご紹介します。
これらの大学に共通していることは、学費の負担が少ないことです。場合によっては、国公立大学よりも少ない学費負担で医師への道に進むことが可能です。なお、さまざまな条件や入試の特徴がありますので、よく確認してください。

自治医科大学

へき地医療や地域医療充実のため、全国の都道府県が共同で栃木県下野市に設立した大学です。入学金と6年間の学費の全額を貸与する修学資金貸与制度があり、入学者は全員この制度により貸与契約を結ぶことになります。
(※この修学資金は、大学を卒業後、出身都道府県知事が指定する公立病院などに医師として勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた期間の2分の3に相当する期間に達した場合は、返還を免除されます。)

入試にも特徴があります。単純に、成績上位者を定員数選抜するのではなく、47都道府県でそれぞれ2~3名(ただし、大学の所在地である栃木県は5~6名)が合格となります。このため都道府県ごとの合格倍率は異なり、平均でも例年20倍前後の高倍率です。

一次試験は各都道府県単位で行われ、これは、自分の出願地(出身高校住所・本人現住所・保護者現住所のいずれか)の所在地で受験することになります。1日目に学科試験を行ない、その学科試験合格者に対し、翌日に面接試験が行われます。

二次試験は自治医科大学で行われます。小論文と面接試験が課され、一次試験の結果と合わせて総合的に合否が判断されます。

合格者の入学手続日は国公立大の入試日で、都道府県庁の担当課において本人が所定の入学手続きを行わなくてはなりません。よって、この時点で進学する意思を決定する必要があります。
つまり、自治医科大学に手続きをする時点で国公立大は受験せずに自治医科大学入学が確定となります。

産業医科大学

「産業医」とは、事業所において、働く人たちの健康を保持増進するための業務に携わる医師のことです。この産業医を専門に養成する目的で福岡県北九州市に設置されているのが産業医科大学です。

入学すると、修学資金貸与制度により、6年間の学生の自己負担額は大幅に軽減されます。また卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間(例:在学期間6年間に貸与を受けた場合は9年間)産業医などとして勤務すれば、貸与を受けた全額が返還免除となります。

入試内容は、一次試験=センター試験、大学独自の二次学力試験を経て400名を選抜、面接・小論文が課されます。この試験日がほとんどの国公立大学後期入試と重複するため、最終的にはどちらを受験するか選択しなければなりません。産業医科大学は、国公立大学の後期日程と比較すると定員も多いため、受験を検討してみるのも一つの方法です。

防衛医科大学校

埼玉県所沢市にあり、医師という特別な能力を備えた自衛官を育成することを目的としています。入試は公務員採用試験であり、入校と同時に防衛省職員となります。在校中は毎月、学生手当が支給されます。学費はかかりませんし、全寮制のため食費などの負担もありません。金銭的負担が最も少ない学校といえます。
設置の目的を遂行するべく、卒業後9年間は自衛隊員として勤続する義務があります。

一次試験の日程が例年10月末頃と早いため、受験勉強を早目に仕上げていかなければなりません。一次試験では、英語・数学・理科に加え、医学科受験としては少ない記述式の国語が課されます。二次試験は12月中旬頃に一次試験合格者に対して、口述試験、小論文試験及び身体検査が課されます。

以上、医大・医学部設立の背景と特徴的な3校を紹介しました。興味をもった学校がありましたら、ホームページも調べてみましょう。医学部のある大学一覧からも検索することができます。

HOME > 大学情報 > 医学部の歴史
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.