HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 私立大の試験日を意識した計画

冬休み・直前期攻略大作戦! センター試験 直前期編
私立大の試験日を意識した計画

M.M さん
福島県立医科大学
千葉県 芝浦工業大学柏高校 出身
2014年度 河合塾 麹町校 在籍 大学受験科

センター試験 直前期の過ごし方

私は1年浪人したのですが、現役のときは12月に入ってからはセンター試験の対策ばかりしていました。にもかかわらず、センター試験でも目標の点数には到底及ばず、二次試験の対策もおろそかにしてしまいました。

特に現役生の方は、12月からも成績はグンと伸びてきます。この時期に二次試験の対策をしないのはもったいないので、二次試験の対策もするようにしましょう。二次試験の勉強も並行して行うことで、センター試験でも使える知識が増え、良い効果があると思います。

12月

現役時の反省を踏まえ、浪人時は12月からはセンター試験:二次試験は3:7くらいの割合で二次試験対策に重点を置いていました。毎日国語のセンター試験の過去問と地理の勉強はしており、それ以外の科目のセンター試験対策も少しずつ行っていました。

この時期の二次試験の対策は、今までの授業の復習と私立大学の過去問を解いていました。私立大学の過去問は最低3年分は解きたいと思っていたので、12月の間に受験予定のすべての私立大学の過去問を1,2年分は解きました。それ以外にもモチベーションを上げるために、第一志望の国公立大学の問題も1年分解きました。

1月

1月に入ってからはセンター試験の割合を増やし、1週目はセンター試験:二次試験を7:3くらいの割合で対策をしていました。センター試験の国語は、1日1年分の過去問を解き、1周してしまっても2周目を解いて満点を狙いました。その他の科目もセンター試験対策は過去問を中心に対策していました。

二次試験対策は、1月は国公立大学も私立大学も過去問は一切やらず授業の復習をして穴を埋め、感覚も鈍らないようにしていました。
私立大学を受ける方は特に、二次試験対策もやっておいた方が良いでしょう。

センター試験直前

センター試験の1週間前になってからは、センター試験対策しかしませんでした。また、実際の試験時間にあわせて理科や社会は必ず午前中に解くようにし、国語は昼食後の眠い時間の試験に慣れるために、昼食後に解いていました。

この時期は取りこぼしをなくすために過去問を丸々1年分解くだけでなく、苦手分野の過去問のみを何回も解きました。あとは睡眠時間もしっかり取り、本番と同じ時間に寝て起きるようにして体も慣らしていました。

冬期・直前講習で受講した講座一覧

【英語】

【数学】

【理科】

【国語】

センター試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

計画を立てるときは、試験日程から逆算して考えるとよいと思います。あとどれくらいの日数があるから過去問は何年分解くことができ、いつから始めれば間に合うのかがわかるので計画は早めに立てるようにしましょう。

また、私立大学を受ける人は、センター試験が終わってからすぐに私立大学の試験が始まります。そのため、センター試験の直前1週間くらいまでは二次試験の対策も行い、二次試験の感覚を鈍らせないようにする計画を立てるのが良いでしょう。

私立大学を受けない人も、12月中は二次試験の対策を含めると良いと思います。少し二次試験の対策をしなかったからといってそれほど感覚が鈍ることはありませんが、不安にもなると思うので二次試験対策もすべきだと思います。

学習計画表

  • 授業・講習授業・講習
  • 模試模試
学習計画表
  • ※タームとは、河合塾における講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※講座名は現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 授業授業
  • 自習自習
1日のスケジュール
  • ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。

関連記事を読む

  • センター試験 直前期編
  • 二次試験 直前期編[11月公開予定]
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 私立大の試験日を意識した計画
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.