HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい英語・数学 数学は授業を完璧にする

医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 高1・2生で身につけたい英語・数学
数学は授業を完璧にする

村上 萌恵 さん
神戸大学
大阪府 清風南海高校 出身
2016年度 河合塾 大阪校 在籍 高校グリーンコース

今回は私の反省点もふまえて、高校1・2年生のうちにやっておいてほしいことをお伝えしたいと思います。

私は、高校3年生になるまで一番力を注いでいたのは学校行事でした。塾にも通っていましたが、放課後も学校行事の活動が多かったので、高校中心の生活を送っていました。

課題と予習、定期テストは最低限押さえる

私が通っていた高校は中高一貫校で、高校3年生の1学期までに物理以外は高校の学習範囲を終えてしまうほど進度が速く、授業についていくのに精一杯でした。日々忙しい中でも、授業の課題と予習、定期テスト対策はしっかりやりました。
数学の課題と英語の予習など、1日の平均勉強時間は1時間強ほどでしたが、定期テスト前になると1日の勉強時間を徐々に増やしていき、試験期間中は1日5時間ほど勉強しました。

このように日々の授業を大切にし、定期テスト対策に心血を注ぐことで、高校の学習範囲の基礎的な考え方をしっかりと身につけることができました。このことは、高校3年生になってからの塾での応用問題や模試、問題演習をする際にとても役立ちました。

数学の勉強

数学は少人数クラスだったこともあり、一つの問題を皆で考えたり、疑問はすぐ先生や周りの皆に聞くことで解消しました。この頃は数学の予習はしていませんでしたが、その代わりに、出された課題は絶対に答えを見ずに解ききることを意識していました。

問題集の解答冊子を高校に置いておくことで、「家で完璧に解けるようにするには授業中に完璧にしなければいけない」という危機感に駆られ、授業も集中して受けることができました。また、一つの問題に長く取り組み続ける姿勢も培うことができました。

英語の勉強

数学はこのやり方でうまくいきましたが、英語のように覚えることが多い教科はうまくいきませんでした。高校3年生になると実力テストや模試が増え、そのときに初めて解けないことに気がつき、英単語や英文法がわかっていないことを認識しました。

私のように、高校3年生になってから英語力の欠如に気づくと、後からが大変です。コツコツやらなければ確実に身につかない英単語や英文法は、高校1・2年生のうちから毎日見るなどして勉強しておくことをおすすめします。

塾の活用

高校中心の生活を送っていましたが、数学と英語は河合塾の講座を受講していました。数学を受講した理由は、友人に講師がよいと教えてもらったからです。

数学は少人数で、テストゼミをその場で一人一人の進度に併せて見てくれるという授業で、高校では触れる機会が少ない難問を解くことができました。この授業のおかげで、難問に対して立ち向かう力を養うことができたと思います。
英語は、英単語や英文法などの英語の基礎をコツコツと身につけていれば、もっと身のあるものになったのではなかろうかと後悔しています。

最後に

医学部をめざすからには、高校生活での態度や積極性も大事だと思います。部活や行事、委員会などに参加することは面接対策にもなりますし、とてもよいことだと思います。高校3年生になってから苦労しないように、忙しい中でも一つ一つの勉強内容を確実に身につけていってください。頑張ってください!

あわせて読みたいコンテンツ

高1・2生へのアドバイス

医学部入試の基礎知識

HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1・2生で身につけたい英語・数学 数学は授業を完璧にする
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.