HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 塾選びのコツ 高1から塾に通うメリット

医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 塾選びのコツ
高1から塾に通うメリット

北野 友里絵 さん
愛媛大学
大阪府 四天王寺高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍 高校グリーンコース

いつから大学受験のための塾に通おうかと迷っている人も多いのではないでしょうか?また、塾選びのポイントがわからないという人も多いと思いますので、私の経験も参考にしていただければと思います。

いつから塾に通うか

私は高校1年生の初めから河合塾に通い始めました。中学のときに中高一貫の大学受験対策塾に通いましたが、途中から入校したために落ちこぼれてしまい、後悔したため、高校では初めから通うことにしました。

高校に自習できる場所がなかったこともありますが、高1の初めから通ったことで、塾の勉強と高校の勉強、部活との両立のペースを早く確立することができました。

そして、学年が上がっても、あまり生活リズムが変わらない高校生活を送ることができました。そのような点からも高校1年生から塾に通うことをおすすめします。

私が重視した塾選びのポイント

塾を選ぶときのポイントで大切なのは、通いやすいこと、自習室が充実していること、質問などがしやすいこと、そして合格実績が挙げられると思います。

通いやすいこと

まず第一に、通いやすい場所にあるかということです。遠いと行き帰りだけでも時間がかかってしまいますし、毎週のこととなると、とても負担になります。
私の場合は大阪でしたので、河合塾を選ぶときに通える範囲に校舎が3つもあったことが挙げられます。

河合塾は校舎数も多いので、候補に挙げられる校舎が多いのはメリットですよね。同じ講座が他校舎でも開講されているので、学校行事で休んでしまったときに他校舎の授業に振り替えることができたのはとても良かった点です。

自習室の充実

自習室の多さもとても重要です。中規模の塾だと自習室が少ないことが多いですが、河合塾はブース型自習室や開放自習室など、さまざまな種類の自習室があり、数も多かったので、自習室の席で困ることはほとんどありませんでした。また、その日の気分によって使う自習室を変えられるのも良かったです。

質問のしやすさ、雰囲気の良さ

私は講師との距離が近い方が好きでしたので、河合塾を選びました。授業中に問題を解く時間も講師が巡回してくれるので、いつでも質問ができました。また、毎週の宿題もコメントつきでとても丁寧に添削してくださいました。

勉強をするうえで添削はとても重要です。河合塾では、過去問などを解いた解答を講師にもっていくと、いつも添削して解説もしてくださったので、とても助かり知識も身につきました。

そのほか、高校1年生のメンバーのまま、高校2年生の授業に移ることが多いので友達もできますし、お互い高め合いながらとても良い環境で勉強することができました。

合格実績

そして、もちろん大切なのは合格実績ですよね。合格実績が多い大手予備校では持っている入試データも多いため、受験の際にはとても助かりました。

チューター(進学アドバイザー)も講師も送り出してきた生徒の数がとても多いので、今までの傾向などを参考にアドバイスをしてくださいました。受験校を決める際に私が色々なデータに惑わされている中、的確なアドバイスをくださいました。
また、医学部に行った先輩の体験談を聞けるイベントなどもあり、とても参考になりました。

浪人した場合も通えるか

また、私が塾選びの際に気にしていたのが、もし浪人することになってもそのまま通えるかという点です。もちろん現役で大学に入ることができるのが理想ですが、医学部受験は理想通りにいかないことも多いです。

自分の周りを見ていても、浪人用の授業のない大学受験対策塾に通っていた人が浪人が決まったとき、塾選びにとても困っていました。勉強に集中したい1年を慣れた環境で過ごすことができるのは大きなメリットだと思います。

気になる点はとても多いと思いますが、体験授業に参加したり、説明を聞きに行ってみて、自分の目で見て決めてくださいね。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 塾選びのコツ 高1から塾に通うメリット
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.