HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 部活と勉強の両立法 時間の使い方が両立のカギ

医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 部活と勉強の両立法
時間の使い方が両立のカギ

秋山 悠歩 さん
東北大学
宮城県 仙台第二高校 出身
2015年度 河合塾 仙台校 在籍 高校グリーンコース

医学部をめざすと決めた高校1・2年生の中には、すでに医学部受験の準備を始めている人もいれば、めざすことは決めたけど、部活動や委員会活動、学校のテストで手一杯という人もいますよね。

そこで今回は、忙しい中でも部活・委員会活動と勉強を両立する方法についてアドバイスしたいと思います。

部活や委員会活動をするメリット

まず、部活動や委員会を頑張っている皆さんに伝えたいのは、その活動は必ず受験で役に立つということです。

医学部では、ほとんどの大学で面接試験があり、面接では筆記試験では測れない人間性を見られます。面接では、判断力、分析力、思考力、論理性、協調性など、人と接したり、役職についたりすることで成長していくような内面的な部分を見られます。部活動や委員会を頑張っている方は、その活動を通してそのような部分を伸ばしていけるとよいですね。

集中して授業を受ける

部活動や委員会活動は1年生から3年生の夏まで続くことが多いと思いますが、特に幹部学年になる2年生以降は、勉強時間の確保が難しくなります。もっと勉強しなければいけないのはわかっているけれど、なかなか勉強時間を確保できずに悩んでいる人もいると思います。

そういう人はまず、高校や塾の授業時間内にすべて理解するつもりで集中して聞くようにしましょう。もちろん、疑問があれば授業後すぐに質問して解決します。そうすることで復習も短い時間で終えることができます。

それから、時間がないと言いながら、遊びなどの自由時間が長いという人はいませんか?最も時間を作りやすいのは、遊ぶ時間を削って勉強時間に充てることです。また、休み時間などを英単語の暗記にあてたりして有効に使うべきです。毎日続けることで、実りのある学習時間になります。

高1・2生から取り組むこと

最後に勉強内容についてですが、高1・2年生は英語・数学、2年生以降は理科も高校の勉強以外でも取り組むことをおすすめします。自学でもよいと思いますが、私は塾に通うことをおすすめします。

医学部受験は甘いものではないので、高校の授業で基礎的な内容を身につけ、塾でプロの指導を受けるとよいと思います。また、ライバルたちを意識することで、自分のやる気も上がると思います。

苦しい大学受験を乗り越えた先には、楽しいキャンパスライフが待っています。そんな希望を支えに、これからの勉強を頑張ってください。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 医学部生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 部活と勉強の両立法 時間の使い方が両立のカギ
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.