HOME > 受験対策 > e-チュートリアル

e-チュートリアル 第10回 夏を制する学習計画の立て方

河合塾のチューター(進学アドバイザー)が入試情報の提供や学習アドバイスを行います。

河合塾 全国医進情報センター 担当チューター

2018/06/21

こんにちは!あと1カ月で早くも夏休みですね。みなさんも耳にしたことがあるかもしれませんが、「夏は受験の天王山」というものがあります。夏の過ごし方がいかに合否に影響するかを言い表した言葉なので、チューターとして毎年受験生を見ていると、本当にうなずける言葉です。

夏休みは自由な時間が増える分、逆にしっかりと日々の過ごし方を管理する必要があります。そこで今回は「夏の学習計画の立て方」についてポイントを掲載します。ぜひ参考にしてくださいね。

夏を制する学習計画の立て方

  • (1) 春からの学習内容の「復習」と不得意科目(分野)の「克服」。
    →今まで予定通りに進まなかった学習の調整も必ず行いましょう。
  • (2) 科目ごとに到達目標を設定する(例えば、テキスト何周や模試で○点とるなど)。
    →「何をいつまでに行うか」「テキストのどのページを行うか」など具体的に、かつ無理・無駄なく。
  • (3) あれもこれもと手を広げすぎない。
    →普段使っているものを完璧に。
  • (4) 自分の性格を客観的に判断して、自分のペースにあった計画を。
    →計画はなかなか予定通りには進まないもの。あらかじめ調整日を所々に入れましょう。
  • (5) ペースメーカーとして予備校や高校の夏期講習を利用する。
    →学習時間を毎日コンスタントに確保、規則正しい生活リズム作りに有効です。

基礎力という土台があってこそ応用力、実戦力は身に付くものです。無理に自分の学力以上の参考書や問題集に手をつけて消化不良にならないようにしてくださいね。

また、1週間毎日10時間勉強しても、その後の1週間をまったく何もやらないのでは学習効果は下がります。休憩や息抜きはもちろん必要ですが、継続した学習時間を確保することが重要です。

上記ポイントを踏まえて実際に書き出してみてください。実際に書くことでやるべきことも整理できます。

【夏期講習】
入試を知り尽くした講師による充実の授業、そしてポイントを押さえてつくられたテキストで河合塾がキミの志望大学合格を強力にサポート!夏の学習にぜひお役立てください。

>>夏期講習案内はこちら ※河合塾HPが表示されます。

今後の掲載予定

6/28(木)
第11回 推薦・AO入試について
7/4(水)
第12回 志望大学選択のために(1)「2018年度入試結果を確認しよう」
HOME > 受験対策 > e-チュートリアル
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.