HOME > 受験対策 > e-チュートリアル

e-チュートリアル 第25回 入試本番で実力を出すために(3)
「冬休み・直前期の学習計画」

河合塾のチューター(進学アドバイザー)が入試情報の提供や学習アドバイスを行います。

河合塾 全国医進情報センター 担当チューター

2019/11/07

こんにちは。これからの時期はペースを崩さず、限られた時間で効率よく学習するために計画的に過ごすことが重要です。特に冬休みに入ると生活リズムが変わり、ペースを崩す人が多いので注意が必要です。
そこで今回は、入試直前期の学習計画の立て方についてお話ししたいと思います。参考にしてください。

効果的な学習計画の立て方

1.科目・分野ごとに、現時点の自分の弱点を確認する

模試の出来や授業の習得度から、自分の弱点を書き出してみるとよいです。

2.受験スケジュールを確認する

受験校の日程、入試科目(配点)、難易度を確認し、受験期の自分の状況を想定してみましょう(ポイントは、力を入れる科目・受験校までの距離・受験日前後の学習ペース・連続受験での力の入れ所など)。

3.今までの生活状況・学習状況を振り返る

授業がない状況での自分の生活・学習ペースを考えるために、これまでの反省点をあげてみましょう。

4.冬期・直前講習を利用する

入試本番まで残された時間は皆同じです。今後いかに有効に時間を使うかが、合否の分かれ目になってきます。

合格に必要な要素がコンパクトにまとめられた講習(冬期講習は90分×5日間、直前講習は90分×2講×2日間です)は、今までの学習の総チェック、頭の整理にピッタリです。直前講習はテストゼミ形式なので、本番入試のリハーサルにもなります。冬期・直前講習で集中して学ぶ450分(直前は360分)での学力アップはあなどれません。

5.期間ごとにテーマを設定する

テーマを決めて、やるべきことを一つずつつぶしていきましょう。

【例】12月:2学期の復習/弱点分野強化/模試の解き直し
1月:全範囲の総まとめ/問題演習(センターパック・過去問など)
2月:国公立二次対策/私大受験期

上記1~5を念頭に学習計画表を作成してみましょう。期間ごと・科目ごとに受験までに必ずやらなければならないこと、テキストや模試の復習、過去の入試問題の研究などを、どのようなスケジュール・方法で最終的に仕上げていくのかをイメージするのがポイントです。

まずは冬期・直前講習など、すでに決まっている今後のスケジュールを記入し、予習・復習の目安や、空いている時間・期間を把握できるようにしましょう。また受験が近くなると、無理をして生活のペースが乱れがちです。直前期こそ規則正しい生活を送れるように、1日のスケジュールも併せて考えておきましょう。

学習計画はなかなか思うように実行できないこともありますが、「志望校合格のためにこれから何ができるのか」を明確にすることが入試直前期ではとても大切です。現在の自分の状況を分析したら具体的なスケジュールを作成し、実行していきましょう。

【冬期・直前講習】
受験指導のプロフェッショナルである講師による充実の授業、そしてポイントを押さえてつくられたテキストで河合塾がキミの志望大学合格を強力にサポート!

>>冬期・直前講習のお申し込みはこちら※河合塾HPが表示されます。
※定員に達した講座は締切られますので、お早めにお申し込みください。


河合塾 医進塾では、「冬期・直前講習の効果的な受け方」や医学科合格者による「冬休み・直前期攻略大作戦!」を公開しています。こちらもぜひご覧ください。

今後の掲載予定

11/14(木)
第26回 2020年度入試予想(1)受験生は必ずチェック!「どうなる医学科入試」
12/5(木)
第27回 2020年度入試予想(2)「第3回全統マーク模試から見た医学部志望動向」

『e-チュートリアル』の過去記事を読む

会員登録(無料)をしていただくと、過去の記事を読むことができます。無料会員登録する
HOME > 受験対策 > e-チュートリアル
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.