HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 1日目の答え合わせはしない!

私の医学部受験レポート(センター試験) 受験当日の過ごし方
1日目の答え合わせはしない!

M.M  さん
神戸大学
大阪府 清風南海高校 出身
2016年度 河合塾 大阪校 在籍 高校グリーンコース

センター試験 1日目

1日目のスケジュール

  • 1日目のスケジュール試験
  • 1日目のスケジュール自習
1日目のスケジュール

会場に着くまで

私が受験した年のセンター試験1日目は、記録的寒波で雪が降るかもしれないと言われていたので、開場1時間前に着く時間の電車を選びました。試験会場は少し行きにくく、電車の本数も少なかったので、電車の中はとても混んでいました。暖房や混雑で気分が悪かったので、行きの電車では座席に座って心を落ち着けるべく寝ていましたが、時折起きては一科目目の日本史の参考書を読み返していました。

会場に着いてから試験終了まで

会場には予定通りに着くことができました。待合室での1時間弱の待ち時間は高校の友人と喋ることはせず、ただひたすら日本史の参考書を読み返していました。このときに読んでいた時代がちょうど出題され、2問分正解!ギリギリまでねばることが大事だと思います。

試験中は、いつも使っているお気に入りのひざ掛けを使うことができたので、リラックスしながら受験することができました。足元が寒くなることを予想して、レッグウォーマーを持っていって正解だったと思います。

試験の合間は、友人や別の受験生とは一切喋りませんでした。また、他の受験生の答え合わせを聞かないように音楽プレーヤーで音楽を聞きながら、次の科目の参考書を読んでいました。ずっと教室の中にいては息が詰まると思い、廊下に出て歩きながら参考書を見たりもしました。

試験終了後

私は答え合わせを聞きたくなく、また、したくもなかったので、同じ考えの友人と帰りました。1日目のテストのことには一切触れず、翌日の化学のために資料集を開きながら帰りました。

1日目のアドバイス

私はセンター試験型のテストは得意だったのですが、AO入試の受験を視野に入れていたので、センター試験の出来はとても重要でした。しかし、そこで変に気負うことなく、いつも使っているグッズを使いながら、普段通りに模試のような感覚で受けることに努めました。一科目目に得意な日本史があったことは本当にラッキーだったと思います。

答え合わせに関しては人それぞれですが、もし答え合わせを聞きたくない、したくない、という考えの方は、音楽プレーヤーを持っていくことをおすすめします。予想以上の数の答え合わせが教室に飛び交っています。

また、1日目は文系科目ばかりなので、医学科を志望する人には厳しいと感じる人もいるのではないかと思います。特に国語は年度ごとに難易度の変動が激しく、出来によっては次の英語にもメンタルを引きずってしまいかねません。しかし、そんなときは「自分がこれくらいできないんだったら、他の人も同じくらいできてないだろう!」と思うくらいがよいと思います。

本番はいつも以上にナーバスになっているので、一科目のつまずきが激しく他の教科に響きかねません。いつもよりポジティブに、気負い過ぎず、楽観視することが大事です。

また、最後の科目にリスニングがあり、1日で一番疲れる時間に受けることになります。試験が始まる前にしっかりとリフレッシュをしておくとよいと思います。

そして、1日目が終わったあとに自己採点をするのは絶対におすすめできません。どれほど自信があっても自己採点は翌日に取っておいて、気持ちを切り替えて早く寝ることをおすすめします。

センター試験 2日目

2日目のスケジュール

  • 1日目のスケジュール試験
  • 1日目のスケジュール自習
受験スケジュール計画表

会場に着いてから試験終了まで

2日目も開場1時間前に到着したので、待合室で化学の資料集で復習していました。2日目は1日目と違って暗記科目が極端に少ないので、休み時間にダレないように、また、心を落ち着けることに徹しました。

休み時間は1日目同様、廊下を散歩しながら音楽を聴いたり、参考書を読んだりしました。二科目目の数学IIBの選択問題で最終の大問の約半分がわからずに焦ってしまい、とりあえず適当な答えを書いて提出しました。そこから理科までの間にメンタルを回復させるのが難しく、トイレに行ったりレッグウォーマーを脱いだりして懸命に気分転換をしました。

試験終了後

試験終了後は1日目と同じ友人と帰りました。答え合わせは一切せず、また、友人と別れたあとも他の受験生の答え合わせを聞かないために、音楽プレーヤーを聴いていました。

センター試験2日間を終えた感想は、本当に受けた気がしないほどふわふわした感覚でした。お風呂に入ったり夜ご飯を食べたりした後、ようやく自己採点を開始しました。

2日目のアドバイス

2日目は理系科目ばかりなので、医学部志望の受験生からすると1日目より気が楽かと思います。ですが、案外数学が一科目60分で時間が足りなかったり、普段ならありえないミスをしてしまって、そのことに休み時間になって気づくこともあるかと思います。国語などと違って、数学や理科は明らかに間違えたことがわかってしまう科目なので、その分メンタルも傷つきやすいのではないかと思います。

実際私も何十回と演習してきた数学IIBで解けない問題があったので、メンタルがとても傷ついてしまいました。1日目と同様に楽観的に考え、終わったことは気にしないスタンスで乗り切ることが大事だと思います。

最終科目の理科に近づけば近づくほど集中力も減ってくるので、理科の前の休み時間にチョコレートなどのおやつを食べておくことをおすすめします。理科は一科目目と二科目目の間は答案回収のために10分間ありますが、基本的には試験会場から出ることはできません。

理科の前の休み時間にはしっかり二科目分の勉強をしておき、あらかじめどちらから解くかを決めておきましょう。第1解答科目の成績のみを採用する大学もあるので、気分を乗せるという意味でも得意な方を一科目目にすることをおすすめします。

出願について

出願校はセンター・リサーチの結果を見て決める人も多いと思います。私の場合はセンター試験が運良く成功し、センター・リサーチの結果も良かったので、そのままセンター試験前に決めていた大学に出願することにしました。併願の私立大学もセンター・リサーチの結果が良かったので、そのまま出願することにしました。

また私は、センター試験の結果が出てから出願することができる神戸大学のAO入試を受けることを考えていました。センター試験の結果が出てから高校の担任と相談し、AO入試のボーダーをクリアしている見越みが出てきたので出願しました。

関連記事を読む

受験校の選び方
国公立大学
私立大学
受験当日の過ごし方
センター試験
国公立大学
私立大学
AO入試
準備編
当日編
推薦入試
準備編
当日編

あわせて読みたいコンテンツ

医学部入試の基礎知識

試験当日のアドバイス

HOME > 受験対策 > 私の医学部受験レポート > 受験当日の過ごし方 1日目の答え合わせはしない!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.