HOME > 受験対策 > 医学部生のおすすめ勉強法 > 暗記法 CASE2 長期記憶にする暗記のコツ(福島県立医科大学医学部)

医学部生のおすすめ勉強法 暗記法 CASE2
長期記憶にする暗記のコツ

福島県立医科大学 M.Mさん

語呂合わせで覚える

受験期間は長いですから、短期記憶では乗り切ることができません。 丸暗記も暗記法の一つですが、なかなか長期記憶に結びつけることが難しい人も多いと思います。
そのため、私は英単語や古文単語は語呂合わせで覚えるようにしました。

語呂合わせは、楽しく覚えられるので効果的です。 しかし、語呂合わせにも欠点があります。それは複数の意味を覚えられないということです。 覚えた意味から連想できればよいのですが、できないものもあります。 私はそういうものだけは特別なことをせずに覚えていました。

私は塾の講師から英語は語源で覚えるようにと言われていました。 覚えられる人は、語源で覚えることで他の単語にも応用できますし、一番よいと思いますので実践してみてください。

文章を読んで覚える

英単語や古文単語は、文章を読んでその中で覚えるのもよいと思います。 ただし、この方法をやるのならば、文章を覚えるくらい読み込むことが必要です。
私は英熟語についてはこの方法で覚えていました。 これを毎日やれば、英文に毎日触れることになりますので、英文に慣れるという意味でもよい方法だと思います。

化学での暗記

化学で暗記する分野は有機と無機が多いと思います。

有機では教科書などにまとまったページがあると思うので、まずはそのページを覚えてください。 高分子などは決まった反応が多く出たりするので、問題を解くなかで覚えればよいと思います。

無機はまず元素ごとに特徴を覚えると覚えやすいです。 一度はこの特徴などを必ず頭の中に入れてください。 他の分野の勉強をしていて、しばらく無機の分野をやらなくなると少し忘れてしまうことがあります。 しかし、一度頭に入れておくことで思い出すのが容易になり、定着していきます。 反応式については、なぜ反応したかということを考えると覚えずに済む反応もあります。

自分で考えると難しい反応もありますから、そういうものは講師に聞いてみると効率よく勉強できると思います。

あわせて読みたいコンテンツ

日々の学習アドバイス

医学部入試の基礎知識

科目別対策

  • 河合塾講師による傾向分析と対策会員

講習を使った攻略

長期休みの過ごし方

試験当日のアドバイス

河合塾の校舎案内

HOME > 受験対策 > 医学部生のおすすめ勉強法 > 暗記法 CASE2 長期記憶にする暗記のコツ(福島県立医科大学医学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.