HOME > 受験対策 > 医学部受験のための模試の効果的な受け方

医学部受験のための模試の効果的な受け方

STEP1
模試の受け方を確認

「模試は何回くらい受けるべき?」など、気になるポイントを確認しましょう!

模試の効果的な受け方

STEP2
模試の復習の仕方を確認

「どうして模試の復習が重要?」など、復習ポイントを確認しましょう!

模試の効果的な復習の仕方

STEP3
合格者の対策を確認

医学部合格者が実際に行った復習の仕方を確認しましょう!

医学部合格者の模試復習法
  • step01
  • step02
  • step03

STEP1 模試の受け方を確認

受験生の皆さんは、高校や塾で模試を受ける機会が多くあると思います。模試の効果的な受け方をご紹介します。

模試を受けるメリット

受験生の皆さんは、学校や塾で模試を受ける機会が多くあると思います。なぜ模試を受けるのでしょうか?

模試を受けるメリットは、「偏差値」「合格可能性評価」「全国順位」などが分かることにあります。これらを知ることにより、現在の自分の学力が全国的に見てどの程度の位置にあるのかを確認することができます。
また、緊張感をもって模試に臨むことにより、日々の学習ではなかなか気づかない自分の弱点に気づくことができます。そして、模試をしっかりと復習することで、その後の具体的な学習指針が見えてきます。

「志望校でA判定を出す」「苦手科目の対策に取り組んだ分野で平均点を上回る」など、それぞれの目標を立て、模試をペースメーカーとして活用しましょう。模試をペースメーカーとしてうまく活用することで、日々の学習にも良い緊張感が生まれてきます。

模試は何回くらい受けるべき?

河合塾だけでも年間で多くの模試が実施されています。あまり多く受けすぎると模試の復習が疎かになってしまいます。
間違えた問題や完答することができなかった問題の見直しがきちんとできるように、無理のない自分のペースで受験するようにしましょう。

二次試験対策

医学部医学科受験を考えているのなら、「全統医進模試(記述・論述式の模試)」受験は必須です。医学科志望者の多くが受験しますので、現在の自分の位置が分かるだけでなく、受験後の学習指針も見えてきます。

また、医学科志望者の皆さんは、センター試験の出来を見てから出願大学を決定される方が大半かと思います。医学科では大学により出題形式・出題傾向が異なります。
そのため、分野ごとに弱点や補強ポイントがないかをチェックしておくことも重要です。以下の全統記述模試や全統マーク模試も併せて受験することをおすすめします。

模試名
第1回 全統記述模試
第2回 全統記述模試
第3回 全統記述模試

センター試験対策

医学科志望者の場合、センター試験の重要度が非常に高く、特に時間配分の厳しい数学や国語で失敗するケースが例年多く見受けられます。そのようなことにならないように、センター試験対策の模試を多めに受験しましょう。
そして、弱点分野を早めに把握し、時間配分などにも慣れるようにして、高得点が取れるようにしておきましょう。早めに対策を始め、模試で実戦力を高めていくことが重要です。

模試名
第1回 全統マーク模試
第2回 全統マーク模試
第3回 全統マーク模試
全統センター試験プレテスト

模試の詳細はこちら※河合塾HPが表示されます

模試の効果的な受け方

模試を効果的に受けるためには、どのようなことを意識するべきか、二次試験対策用とセンター試験対策用の模試に分けて説明します。

二次試験対策

模試の受験当日は、模試だからといって気を抜かず、二次試験を想定し、本番と同じように集中して模試に臨みましょう。最初に一通り問題用紙に目を通し、大体の時間配分を考えてから解き始めましょう。模試を受けているときに気づいたこと(反省点など)があれば、休み時間を活用して忘れないうちにメモしておくのもよいでしょう(遅くてもその日の夜までにメモしておきましょう)。

センター試験対策

センター試験対策用の模試のときには、必ずマークシートを丁寧に塗りましょう。そして、自分の解答をメモしておき、自己採点を行ってください。マークシートを丁寧に塗り、解答をメモしながら問題を解くことに慣れておかないと、本番でペースを崩しかねません。
また、国公立大の出願は、センター試験の自己採点を基に出願先を決定します。そのため、自己採点をミスして出願すると、第1段階選抜不合格にもつながりかねません。常に本番を想定しながら模試を受験することが重要です。

医学科合格者の体験談 おすすめ

福島県立医科大学 Aさん

マーク式模試は、時間配分と解答順を決めるために活用しました。特に時間が不足したのは数学IAです。選択問題のうちどれを解くかで迷ったり、選択しなかったものを解いた方が点を取りやすい問題だったりしました。ですが、模試の際に何度か大胆な解答順の変更を試すことで、自分にとって点数の取りやすいやり方を確立しました。

試験本番の雰囲気、特に緊張感を感じながら問題を解くことは、模試でしか練習のできないことです。本番(または本番に近い場面)では焦りも緊張もしますから、そのうえで対策できるよう心がけました。

自分にとって効果的な方法が何なのかを探すのは難しいですが、試験のやり方を大きく変えるというのは模試でしかできないことだと思います。模試だからこそ、さまざまな方法を試してみるのも一つの手です。

東京慈恵会医科大学 Bさん

ただ漫然と模試を受けるよりも、何か目標を立てて受験したほうがよいと思います。マーク式模試なら780点、記述式模試なら総合偏差値70超えなど。その方がモチベーションも上がりやすいですし、楽しいです。

またマーク式模試に関しては、解答解説が配られたその日のうちに復習した方がよいと思います。なぜかと言うと、時間が経つと量が多すぎてやる気が起きなくなるからです。マーク式模試だと弱点が見えやすいので、早めに復習して解決することをおすすめします。

記述式模試では、特に数学でできなかった問題は、類題を基礎シリーズや完成シリーズのテキストから引っ張って復習していました。理科も間違いやすい箇所や得点できなかった分野を集中的に、テキストを使って復習しました。英語は知らなかった単語をまとめてメモしたり、文法問題で間違えた箇所をチェックしたりしました。

九州大学 Cさん

私は模試の結果に一喜一憂していたことが、一番の反省点です。
模試に思い入れを持つことは、確かにモチベーションを維持するという点では多少役立ったと思いますが、結果が出ないときにくよくよして時間を無駄にしたこともありました。

模試というものは、志望校との距離を測るとともに、自分の苦手な分野などを把握し、それを今後の学習に生かしていくためのペースメーカーと考えるべきです。
解けなかった問題、間違えた問題を何回も復習することによって、学力アップにつなげるのが模試の活用法だと思いますので、結果に流されないように注意してほしいと思います。

2017年度 全統模試実施案内

高3・高卒生対象のおすすめ模試を一覧にしました。無理のない自分のペースで受験するようにしましょう。

高3・高卒生対象

※実施日については、河合塾HP「2017年度 全統模試案内 年間スケジュール」よりご確認ください。

模試名 2017年度受付開始日
第1回 全統マーク模試(マーク式) 4/3(月)
第1回 全統記述模試(記述・論述式) 4/3(月)
第2回 全統マーク模試(マーク式) 6/1(木)
第2回 全統記述模試(記述・論述式) 6/1(木)
第3回 全統マーク模試(マーク式) 9/1(金)
第3回 全統記述模試(記述・論述式) 9/1(金)
全統医進模試(記述・論述式) 必須 9/1(金)
全統センター試験プレテスト(マーク式) 9/1(金)

模試の詳細はこちら※河合塾HPが表示されます

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 医学部受験のための模試の効果的な受け方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.