HOME > 医学部合格体験記2018 > 千葉大学 医学部医学科 合格(津田沼校)

医学部合格体験記2018 苦手な物理の問題集を何周も解き、
得意科目の一つにできた

龍 美親さん
千葉大学合格
2017年度 河合塾 津田沼校 在籍 高校グリーンコース
龍 美親さん
千葉県立船橋高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

私は生後2カ月の頃に先天性の病気の手術を受けました。その後、自分が成長していく中で、自分の病気の発見の早さを知ったり、病院で見かける同い年くらいの入院中の子供の姿を目にして、「元気でいることは当たり前じゃない」ということに気がつきました。

そんな生命の尊さについて思いをはせつつ、自分自身に将来について問いかけたとき、自分は医師になりたいと考え、医学部をめざしました。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

高校2年生の夏休みが終わった頃です。高2の夏までは遊び、受験勉強はそれからと決めていたのですが、実際は部活動や学校行事で忙しく、勉強時間はあまりとれませんでしたが、朝部活が始まる前など早めに学校に行き、勉強時間を確保していました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

私は物理が苦手科目でした。どのくらい苦手だったかというと、模試で3点を取ってしまい、偏差値は他の教科と20近くも差がありました。
負けず嫌いな性格もあり、どうにかしなければならないと思い、3種類の問題集を5~6周やったり、全国の大学の過去問集を、北と南から関東に向かって挟みうちをするように解きまくりました。そのような対策を続けた結果、最後には物理が得意科目の一つになっていました。

龍 美親さん

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

取れるだけ取っておこう、という気楽な気持ちで当日を迎えました。あまり緊張しない性格なのですが、さすがに第1科目の地理は苦手科目ということもあり、試験前はドキドキが止まりませんでしたが、気持ちをリフレッシュして、緊張を和らげました。

地理はいつも通り手ごたえはありませんでしたが、それ以外の教科では、自分が納得のいくようにできたかなというのが当日の手ごたえでした。
試験会場には知人も何人かいたので、模試のような感じでした。

二次試験

私立大学は受験しなかったので、センター試験後の試験がいきなり千葉大学の二次試験となりました。「いつも通りやるんだ自分!」 と言い聞かせて試験を受けました。

第1科目の理科は微妙でしたが、第2科目の数学はとても難しく感じて、1,2問しか書けず気持ちが焦りました。しかし、ここで終わらせてたまるかと気持ちを奮い立たせ、体中のグルコースを全部使って何とかやりきったという感じです。そのせいか、その後の英語は記憶がありません。
当日の夜は数学ができなかったことを思い出し、大泣きしてしまいました。

面接

もともと人と話すことが好きなこともあり、面接試験の不安はなかったので特に対策はしていませんでした。当日は、学科試験で失敗してしまった分を挽回するぞという気持ちで取り組みました。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

自分が手術を受けた病院の大学であり、感謝の想いと親しみがある場所、ということが一番の理由です。
また、自宅から通える距離にある点や、総合大学であり他の学部と接する機会が多そうなことも魅力に感じた理由ですが、言葉では言い表せないような運命のようなものを千葉大学に感じていました。

受講していた授業(コース・講座)を教えてください。

高3のときにONE WEX医進英語 ONE WEX医進数学を1年間受講していました。6月中旬までは部活で忙しかったため、自分で勉強する時間と授業時間のバランスがカギだと考え、基盤となる英語と数学の講座を選択しました。

週に2回のテストゼミで演習経験を積み、添削していただくことで、自分1人ではできない「相手に伝える答案を書く」ということに慣れることができました。

河合塾でよかったところは何ですか?

河合塾の一番の魅力は、講師の方やチューター(進学アドバイザー)と塾生間の距離の近さだと思います。
私はセンター試験後に受験校が決定したとき、教わっていた講師にその大学の対策についてアドバイスをしていただきました。また、販売されている過去問集には掲載されていない年度の問題をいただいたりしました。

また、チューターの存在は、自分の中でメンタル面での大きな支えでした。受験の張りつめた空気の中で、人間の温かさが溢れているところが河合塾の素敵なところで、とても居心地がよかったです。ありがとうございました。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

早いうちから、生活の中に勉強を習慣づけておくことが大切です。自分にとって本当に大切な時間(私の場合は人と話す時間)だけを残して、それ以外の時間は勉強に集中してください。後悔するような瞬間を作らなければ、きっと自分に自信が持てると思います。

勉強した結果が感じられるようになるまではやはり苦しいと思いますが、こんなに頑張った自分が落ちるはずがないと思えるまで、熱い気持ちを持って無我夢中では走り抜いてください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

龍さんは高2のはじめに入塾相談を受けてからずっと見てきましたが、「自分のペースをしっかり持っている」生徒でした。講師やチューターにも積極的に質問をすることで、常に前進しようとする姿勢が印象的でした。

早い時期から入試を見据えて、着々と準備をしてきたからこその現役合格だと思います。これからも何事にも屈することなく、医療に携わる人として、より魅力的な人になってほしいと思います。本当におめでとうございます!

重富 康文 重富 康文

河合塾 津田沼校

河合塾 津田沼校
  • 〒275-0026
  • 千葉県習志野市谷津1-15-33
  • TEL:0120-192-840
詳細を見る
HOME > 医学部合格体験記2018 > 千葉大学 医学部医学科 合格(津田沼校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.