HOME > 医学部合格体験記2018 > 東京慈恵会医科大学 医学部医学科 合格(麹町校)

医学部合格体験記2018 ハイレベルな受験生と刺激し合える環境で、
有意義な一年に

荒井 秀真さん
東京慈恵会医科大学合格
2017年度 河合塾 麹町校 在籍 大学受験科
荒井 秀真さん
東京都 巣鴨高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

人の役に立ちたい、人を笑顔にしたいと思ってきました。 父が大きな病気にかかったことがあり、手術をする前は父も私たち家族もとても不安になりました。その際、医師の丁寧でわかりやすい説明を聞いて、安心して手術に挑むことができました。

私にとって医師とは、仕事をとおして多くの人の未来を明るくすることのできる存在です。ありがとう、という感謝に囲まれたこの職業にとてもトキメキを抱きました。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

小学生の頃から漠然と医学部へ進むことを意識してきましたが、部活を引退した高校3年生の夏から医学部受験のための勉強を始めました。現役時代は塾に通わず、自分一人で勉強しました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

私の苦手科目は英語でしたので、一気に根を詰めてというよりは毎日コツコツを大切にしました。たとえば、寝る前に英単語を15分覚える時間をつくったり、毎日長文読解を1題解いたりしました。

また、英語の講師に頻繁に質問しに行きました。一年という期間があったので、よく使う単語等はその意味を細部まで徹底して暗記しました。

荒井 秀真さん

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

現役時代は数学IAなのに間違えて数学Iを解いてしまったり、国語をまったく勉強していなかったりしたので、それを思い出してとても緊張しました。
ですが、講師の方々に教わったやり方で一年間しっかり勉強してきた自信があったので、試験中はまったくあせることなく受験することができました。そのおかげで試験が終わったときは、かなり強い手ごたえを感じることができました。

二次試験

終わったときに強い手ごたえを感じていたので、合格を確信できました。「医学部受験を成功させるには、みんなが解ける問題を解ききることが大切だ」という講師の言葉が本当に実感できました。
東京慈恵会医科大学の問題は、かなり難しい問題がたくさん入っていて、時間もかなり限られています。そのような難しい問題に時間を割かなかったことが、合格の大きな要因になったと思います。

面接

緊張してテンパってしまいましたが、自分をつくらずに本心を伝えるようにしました。誠実に先生たちと会話をしようと心がけました。わからないこともありましたが、正直にわからないと答えると、その説明をしてもらえました。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

東京慈恵会医科大学の大木先生が執筆された『医療再生』(集英社)という本を読み、とても感銘を受けました。先生の「衣食住足りたらトキメキを求めよ」という言葉を見たとき、自分も高い志を持ち続けて、たくさんの人に信頼してもらえる医師になりたいと思うようになりました。

受講していた授業(コース・講座)を教えてください。

ハイパー国公立大医進コースを受講しました。よりハイレベルな受験生たちと刺激し合える環境に良さを感じたので選びました。実際に一年間このコースで頑張ってきて、一から受験に必要なことを学べたので、とても有意義な一年を過ごすことができました

河合塾でよかったところは何ですか?

河合塾には志望校をめざす十分な環境が整っていたことに、特に良さを感じました。現役時代は一人で受験勉強をしていた私にとって、講師やチューター(進学アドバイザー)の方々に、いつでも何でも相談できたことはとても心強く感じられました。
また、同じく医学部をめざすライバルたちと刺激し合えたことも、自分の力をより高めてくれました。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

おすすめの勉強法は、「一から勉強しなおす」ことです。私はこれまでやってきたことは経験値としてとっておいて、抜けている部分がないかを徹底して勉強しなおしました。

また、この一年をとおして一度も休まずに朝8時から夜9時半まで勉強を続けました。実際に実行することは大変でしたが、家族のサポートや友人と励まし合ったことで頑張ることができました。自分を支えてくれている周りの人たちへの感謝を忘れずに過ごすことが大切だと思います。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

荒井くんは入塾当初から自己分析を行い、コツコツと勉強に取り組んでいましたね。また、どの状況でも常に前向きで楽しんでいる様子だったのが、とても印象的でした。
普段から質問や相談にもよく来てくれて、講師やチューターのアドバイスを聞き入れる柔軟性があったからこそ、医学部合格を勝ち取ることができたと思います。

これからもその前向きな姿勢でさまざまなことにチャレンジしていってください。応援しています。本当におめでとう!!

冨田 千紘 冨田 千紘

河合塾 麹町校

河合塾 麹町校
  • 〒102-0085
  • 東京都千代田区六番町1-3
  • TEL:0120-192-599
詳細を見る
HOME > 医学部合格体験記2018 > 東京慈恵会医科大学 医学部医学科 合格(麹町校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.