HOME > 医学部合格体験記2018 > 北海道大学 医学部医学科 合格(札幌校)

医学部合格体験記2018 差がつく数学・物理は、
授業で必要な知識・演習を網羅できた

江端 美織さん
北海道大学合格
2017年度 河合塾 札幌校 在籍 高校グリーンコース
江端 美織さん
北海道 札幌日本大学高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

初めは純粋に医師という職業への憧れから、医師を将来の夢としていました。
医師への志望がより強くなったのは、高校2年生のときの祖父の死からでした。10年間の寝たきり生活の末、体にたくさんのチューブを取り付けられた最後の姿はとても痛々しく、医療への疑問を感じました。

それから自分なりに医療知識を得ていくなかで、祖父に施された延命治療は簡単になくすことはできないことを理解しましたが、それでも患者さんが真に望む医療を提供できる医師になりたいと思い、医師をめざしています。

いつ頃から医学部受験を意識した勉強を始めましたか?

高校1,2年生時は、留学などの高校外の活動で忙しかったため、本格的に受験勉強を始めたのは高校2年生時の冬休みからです。独学で穴を埋めた後、春休みには河合塾の春期講習と志望大学の過去問集に取り組みました。河合塾には高3の4月からの入塾を決めました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

入塾当初、私の苦手科目は物理でした。物理は現象を本質的に理解していないと伸びない教科だと思います。高校1,2年生ではその本質がわかっておらず、案の定、成績もよくありませんでした。

しかし、高校3年生から河合塾に通い始めて、すべての分野を基礎から発展まで体系的にやり直すことができました。私は河合塾で扱う単元にあわせて、『体系物理』(教学社)という問題集にも取り組み、より理解を深めました。

江端 美織さん

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

センター試験は、高校ごとに受験地が決まるため、共に戦ってきた高校の友達と一緒だという安心感から、過度に緊張することなく試験に臨めました。

しかし、センター試験の怖いところは、自分の実力以外の場所で大きく失点する可能性があるということです。段ずれ、科目欄のマーク忘れ、考え得るすべてのミスを頭に入れ、センター試験の演習の際も本番同様にやることで、当日抜かりなくできるように練習しました。

二次試験

二次試験前日までは、これで合否が決まってしまうというプレッシャーと恐怖心から、不安で不安でたまりませんでした。前日は特に緊張して友達に電話をかけたり、部屋で泣きながら一人で勉強したりとひどく落ち込んでいましたが、当日は一転して闘志全開で臨むことができました。

おまじないとして、試験のはじまりの合図とともに、問題用紙に"必勝!!"と書いたことも、自分を鼓舞し、最後まであきらめずに粘る力になったと思います。

入学する大学のどこに魅力を感じて志望しましたか。

まずは地元の大学であるということです。医師はどの医局に入局するかによって、勤務先が大きく変わります。生まれ育った北海道に将来貢献したいという気持ちが大きかったです。

さらに、北海道大学はSGUに指定されており、グローバル化を意識した取り組みを多く行っていることも魅力的でした。高校時代の留学経験から海外に目を向ける大切さは痛切に感じたので、大学生になっても常に世界を意識していきたいです。

受講していた授業(コース・講座)を教えてください。

私はONE WEX医進数学トップレベル物理を受講していました。私の志望校の二次試験では、数学と物理で差がつくと考えていたからです。

1年間受講してみて、受験に臨むにあたって必要な知識・演習を網羅できたと感じています。特に数学は、毎授業がテスト形式だったので、自分の持ち得る学力を総動員して考え、採点者に伝わる答案作りを学ぶことができ、受験本番に大きくつながったと思います。

河合塾でよかったところは何ですか?

河合塾は生徒一人一人に丁寧に対応してくれると感じました。
チューター(進学アドバイザー)は、志望大学の学生チューターとの面談をセッティングしてくれたり、有益な情報があればすぐに教えてくれたりと、全力でサポートしてくださいました。

また、講師も気さくに質問に答えてくれるだけでなく、私の実力にあった別のゼミを受けられるように交渉・手配してくださり、より力をつけることができました。
河合塾全体のそのサポート力は、大きな魅力だと感じました。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

受験は想像以上に過酷で残酷なものだと思います。特に医学部医学科の受験は、ほんの数点で合否が決まってしまう熾烈な争いです。私自身、二次試験直前はそのプレッシャーに耐えられず、逃げ出したいと思うこともありました。
その不安なときに一番の支えになったのは、高校、そして河合塾で自分は着実に力をつけてきたという自信です。目の前のものを丁寧に消化していくことが合格への第一歩だと思います。

また、受験はたくさんの人のサポートがあって始めて成し得るものです。周りへの感謝を忘れずに最後まで走り抜けてください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

自ら考え行動できることはもちろんですが、人に頼ったほうが早くより良い情報を得られると判断したことは、すぐに誰かに聞くことのできる賢さと人懐っこさがとても印象的でした。

受験期でストレスなども感じていたはずですが、それを感じさせない誰に対しても笑顔で接するその姿は、医師になったときにも活かされていくと思います。これからも多くの人を笑顔にしていってください!

冨山 由紀奈 冨山 由紀奈

河合塾 札幌校

  • 〒060-0809
  • 北海道札幌市北区北9条西3-3
  • TEL:0120-008-848
河合塾 札幌校 詳細を見る
HOME > 医学部合格体験記2018 > 北海道大学 医学部医学科 合格(札幌校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.