HOME > 医学部合格体験記2017 > 東北大学 医学部医学科 合格(仙台校)

医学部合格体験記2017 河合塾が持つ
医学部入試情報は役立った

寺崎 晋太郎さん
東北大学合格
2016年度 河合塾 仙台校 在籍 高校グリーンコース
寺崎 晋太郎さん
宮城県 仙台第二高校 出身

医学部をめざした理由は何ですか?

日本人の死因の大半が癌で、特にすい臓癌などの難治性の癌で苦しむ方が多いことを知ったことがきっかけでした。オープンキャンパスに行ったことも大きな後押しとなり、将来は腫瘍の分野を専門として多くの癌患者さんを救おうと思いました。

受験勉強はいつ頃から始めましたか?

河合塾に通い始めたのは高校2年生の冬で、その頃から受験を意識し始めました。高3の部活引退までは忙しくて勉強時間がとれなかったため、引退後に集中して取り組みました。

苦手科目の対策・克服はどのように行いましたか?

僕は数学を苦手としていたので、河合塾の数学の授業で、テキストやテストの良質な問題にじっくり向き合う時間が確保できたことは良かったと思います。

添削や質問対応も充実していました。僕は忙しい日でも最低限数学の演習は欠かさないようにしていました。

試験の手ごたえはいかがでしたか? また、当日印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

センター試験

センター試験対策は過去問をしっかり演習して傾向や時間の使い方に慣れておくことが重要です。それでも本番で残り時間が無いなか、わからない問題が残ったり、思わぬミスを発見することもありますが、焦らずに、計算ミスやマークミスをしていないか確認するとよいと思います。

僕は本番前日にお笑いの動画を見て緊張を和らげました。自分なりのリラックス法を見つけるのはおすすめです。もし緊張してしまっても周りも同じだと思えば気が楽になると思います。

二次試験

試験時間が長く問題の難易度も高いので、集中力と解ける問題の見極めが大切です。僕は1日目の物理で解けるはずの問題を落として失敗してしまい、2日目は不安な気持ちで臨んでしまいました。
数学は特に、自分が普段解ける問題はしっかり取りきるという意識で解くとよいです。

面接

筆記試験の出来への不安があったのですが、面接ではしっかり切り替えて面接官にポジティブな印象を与えることを意識しました。面接では、面接官と普通に会話する能力、倫理観、その大学に入りたいという熱意が備わっているかをみられるので、特に志望理由はしっかり考えておくとよいと思います。

入学する大学を志望した理由を教えてください。

東北大学は研究設備が充実していて、特に加齢医学研究所で癌研究が盛んに行われていることを知り、自分もそのような環境で腫瘍について学びたいと思いました。

河合塾でよかったところは何ですか?

医学部入試では、情報は欠かせません。河合塾では授業のみならず授業後のチュートリアルやチューター(進学アドバイザー)との面談を通じて医学部の入試情報を得ることができ、とても役立ちました。
面接や小論文の個別指導も充実しているので、安心です。

医学部医学科の合格をめざす来年の受験生へ向けてのアドバイスをお願いします。

僕は、普段の演習でも本番と同じ状態になるように時計で時間を測って問題を解くようにしていました。
実際の入試は時間との勝負ですので、時間をしっかり意識するとよいです。

また、同じ場所で勉強するより、自習室や図書館など場所を変えて勉強すると記憶の定着も良くなり、気分も変わります。体調に気をつけて頑張ってください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

講師のアドバイスを素直に聞いて、自分の課題の改善に取り組むことのできる生徒でした。受験期間を通して黙々と努力を続け、模試の成績も回を重ねるごとに上昇し、本番に向けて着実に実力を伸ばすことができたと思っています。

大学進学後も、持ち前の粘り強さと冷静さで頑張ってください。今後のご活躍を心よりお祈りしております。合格おめでとう!

内藤 洋展 内藤 洋展

河合塾 仙台校

  • 〒980-0014
  • 宮城県仙台市青葉区本町2-12-12
  • TEL:0120-198-267
    (大学受験科)
  • TEL:0120-198-244
    (高校グリーンコース)
  • 詳細を見る
河合塾 仙台校
HOME > 医学部合格体験記2017 > 東北大学 医学部医学科 合格(仙台校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.